トランプ米大統領は16日、北朝鮮が6月の米朝首脳会談中止の可能性を示唆したことに関し「我々は何の通告も受けていない」と述べた。「状況を注視しなければならない」と繰り返し、北朝鮮の動向を見極める考えを示す一方、北朝鮮に非核化を求める考えに変わりがないことを強調した。ホワイトハウスで記者団に語った。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

トランプ米大統領=2018年5月18日、AP