ダイビングマリン関連のイベントダイビングフェス KANSAI 2018」が、5月19日(土)・20日(日)の2日間、大阪南港ATCホール(大阪市住之江区)にて開催。2017年に続き2度の開催となる同イベントは、内容を大幅に拡大し、内外のダイビングサービスや、器材メーカー旅行業界など約70社が参加する。

2017年のフェアの様子

最新のダイビング器材や水着など、人気マリンアイテムが多数展示されたり、親子で生物と触れ合えるタッチプールや、手ぶら&無料ダイビングを体験できる大プールなども設置される。

また、2日間に渡って開催されるセミナーでは、「情熱大陸」に出演した水中写真の鍵井靖章や、オリンパスの製品カタログに作品が採用されている戸村裕行によるトークショーなど多数開催される。

さらに今回からは、マレーシアフィリピンタイなど海外の政府観光局も参加するので、海外ダイビングスポットや、リゾートホテルツアー情報も収集できるようになっている。

マレーシア政府観光局のブースでは、マレー半島東海に位置する、レダン(Pulau Redang)、ランテンガ(Lang Tengah Island)、ペルヘンティア(Perhentian Island)、ビドン(Pulau Bidong)などの、離ダイビングスポットを紹介する。ダイビング専門旅行会社と、ランテンガにあるサマー・ベイ・ラン・アイランド・リゾート(Summer Bay Lang Tengah Island Resort)からの来日出展もあり、マレーシアダイビング情報をさらに詳しく知ることができる。

さらに、5月19日(土)14時10分からは、水中辺のフォトジャーナリスト高野による「マレーシアダイビングスポット」のセミナーが開催され、マレーシア美しいダイビングスポットを紹介する。このセミナーでは、マレーシア政府観光局がマレーシア航空株式会社エスティー・ワールドと共同で企画した、ダイビングツアーも紹介されるので、マレーシアダイビングスポットに興味のある人は、ぜひ参加してみよう。

既にダイビングをしている人だけでなく、これからダイビングを始めたい人にも、豊富な情報が得られるおすすめのフェスだ。(関西ウォーカー中村千里

ウミガメや様々な海の生き物と一緒に泳ぐ