2試合連続で「2番・DH」でスタメン出場

 エンゼルス大谷翔平投手が16日(日本時間17日)、本拠地でのアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場した。前日に続き2番に座り、1番に入ったマイク・トラウト外野手と2試合連続で“最強コンビ”を形成。初回1死で迎えた第1打席は空振三振に終わった。

 この日のアストロズは、メジャー通算188勝、2011年にはMVPサイヤング賞をW受賞しているジャスティン・バーランダー投手先発メジャーを代表する右腕との初対戦は空振三振に終わった。3ボール2ストライクからの7球、右腕が投じた内低めへのスライダーに、大谷バットを切った。

 メジャーではチーム最強打者が座ることが流となっている「2番」に2試合連続で入った大谷。ここまで打者としては21試合に出場して73打数25安打5本塁打16打点、打率.342OPS(出塁率+長打率)は1.015の成績を残している。(Full-Count編集部)

前日に続き「2番・DH」でスタメン出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】