映画「ドリーム」やドラマ「Empire 成功の代償」で知られる女優タラジ・P・ヘンソンが、元NFL選手のケルビン・ヘイデンと婚約したことが明らかになった。

ヘンソンが5月14日、インスタグラムにダイヤモンドのエンゲージリングを着けた写真を投稿し、ヘイデンとの婚約を発表した。ヘンソンには元恋人との間に、24歳の息子マルセル・ジョンソンがいる。

47歳のヘンソンと34歳のヘイデンは、昨年12月に交際を認めた。その際、ヘンソンは「私は自分のプライベートをおおっぴらに話すタイプじゃない。でも、私が幸せだとファンのみんなに知ってもらうのは大切だと思う。私はすっごく幸せ。私たちは2年付き合っているんだけど、誰もそのことを知らないの。なぜなら、そういうことを私は他人にべらべら話さないからよ」と明かした。

また、ヘイデンは彼女の仕事にとても理解があるそうで、「私は今、とても満たされている。ようやく幸せになれた」と語っている。

ヘンソンは、トビー・マグワイア製作、ロビン・ビッセル監督による新作「The Best of Enemies(原題)」に主演。この作品は、人権活動家アン・アトウォーターを描く伝記映画で、「スリー・ビルボード」でオスカーに輝いた俳優サム・ロックウェルと共演している。

婚約したタラジ・P・ヘンソンと 元NFL選手のケルビン・ヘイデン