国土交通省は5月16日、2019年4月からの福岡空港の運営の民間委託に向け、審査委員会において応募者の第二次審査を行い、福岡エアポートHDグループを優先交渉権者として選定したことを発表した。今後のスケジュール(予定)は、6月に基本協定を締結、8月に運営権設定・実施契約を締結、11月にビル施設等事業の開始、2019年4月に空港運営事業の開始となる。

福岡エアポートHDグループは、福岡エアポートHDが代表企業、西日本鉄道と三菱商事、Changi Airports International Pte. Ltd.、九州電力がコンソーシアム構成員となっている。なお、優先交渉権者と基本協定及び実施契約の締結に至らなかった場合における次点交渉権者として、Pride of 九州コンソーシアムを選定した。

第二次審査は、福岡エアポートHDグループが169.7点、Pride of 九州コンソーシアムが151.8点、コンソーシアム名 大和ハウス・マッコーリーコンソーシアムが149.0点という審査結果になった。得点内訳や審査講評等及び優先交渉権者の提案概要については、基本協定の締結後に公表予定となっている。

画像提供:マイナビニュース