埼玉県川口市は「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」(7月13~22日)のオープニング作品として、同市を舞台とした映画「君がまた走り出すとき」(中泉裕矢監督)の製作を決定した。市が製作する初の映画で、製作費約3500万円を全額出資する。オープニング作品の製作は今回で5回目となる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら