BTOパソコンの販売を行うインバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区浦島町1-1-25、代表取締役山本 慶次郎)(以下、当社)は、2018年5月17日(木)より、H310チップセット搭載マザーボードと第8世代Coreシリーズを備えたスリムPCの販売を開始します。
■製品の概要
このたび発表する新製品は、先日発売したばかりの「H310チップセット搭載マザーボード」と「第8世代Coreシリーズ」を備えたスリムPCの<BSHシリーズ>です。幅約100mmの細いPCケースに2台のハードディスクまたはSSDの搭載が可です。<BSHシリーズ>は、マイクロATXながら高い拡性を誇るECSマザーボードH310H5-M4』を採用しています。
用途やご予算に合わせて、CPUハードディスクSSDメモリの組み合わせで選べる3機種から、お好みのカスタマイズをお楽しみください。
こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(http://www.frontier-direct.jp/)にて、2018年5月17日(木)より販売を開始しています。

▼スリムPCBSHシリーズ>はこちら
    http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1805170201

■製品の特長
ECSH310H5-M4マザーボード採用
マザーボードにはコストパフォーマンスに優れ実績のあるECS製 『H310H5-M4』を採用しました。
メモリPC4-21300(DDR4-2666)に対応し最大32GB(16GB x2)の搭載が可です。
オンボードでも映像HDMIDVI-D、D-Subを装備し、いずれか2つを使用し2画面同時出が可です。
インターフェースにはUSB3.0、USB2.0を2つずつ装備し多な周辺機器の接続にも充分に対応出来ます。

<第8世代インテルCore プロセッサー・ファミリー搭載>
第8世代 インテル Core プロセッサーは14nm++プロセス技術により、 前世代から物理コアが増えています。そのため、 高負荷のゲーム4K動画編集やエンコードにおいて、より快適な動作を実現します。BSH-H310に搭載可最上位の「Core i7-8700」は6コア12スレッドで動作し、ターボ・ブースト時の最大周波数は4.60GHzに達します。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUSを取得した電を標準搭載しています。消費電や排熱が少ないので、電の長寿命化などが期待できます。
また、恒常的に温度が上がりやすい電ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電の出を実現しています。

▼製品に関する詳しい資料(PDF239KB)
http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1805170202


インバースネット株式会社 概要
■本社所在地: 神奈川県横浜市神奈川区浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立: 昭和26年12月14日
■資本: 1億2245万円
■代表者:山本 慶次郎(代表取締役
■事業内容: 自社製パーソナル・コンピュータ開発、製造及び販売、他
■取扱商品: 自社製パーソナル・コンピュータFRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、各種情報機器

配信元企業インバースネット株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ