2018年通年の投資額は5-10減の約6,500億ドルと予測
東京 2018年5月17日 – 総合不動産サービス大手のJLL(本社: 米国シカゴ、CEO: クリスチャンウルブリック、NYSE: JLL、以下: JLL)がまとめた投資分析レポートによると、2018年第1四半期の世界の商業用不動産投資額は、前年同期15%増の1,650億ドル※1となりました。都市別投資額では東京が、ロンドンニューヨークを抑え、1位となりました。JLLは、2018年通年の世界の商業用不動産投資額の見通しを前年5-10%減の約6,500億ドルとしています。

ハイライトは以下のとおりです。


図表1:商業用不動産への直接投資額 2016年通年-2018年第1四半期

図表2:商業用不動産への直接投資額 地域別 2007年第1四半期-2018年第1四半期

図表3:2018年第1四半期 投資活動が最も活発な10都市

図表4:地域別取引額 実績値と予想値 2006年-2018年
【補足】
※1 通貨単位は、別途記載がない限りすべてドルとします。

この投資分析レポートは、世界における不動産投資マネーの動きを解説するレポートで、四半期ごとに刊行しています(レポートは英語のみ)。その他世界の最新不動産データ及び詳細はJLLホームページをご覧ください。
http://www.joneslanglasalle.co.jp/



JLLについて
JLL(ニューヨーク券取引所上場:JLL)は、包括的な不動産サービスグロバル提供する総合不動産サービス会社です。フォーチュン500に選出されているJLLは、不動産オーナー、テナント、投資の皆さまのアンビション実現を支援します。2017年度は、総売上高79ドル、約4億2,300メートル (約1億2,800万坪)の不動産ポートフォリオを管理し、1,700億ドルの取引を了しました。2017年現在世界80、従業員約82,000名以上、300拠点で展開しています。JLLグループで不動産投資・運用を担当するラサール インベストメント マネジメントは、2017年12月31日時点で総額581億ドルの資産を運用しています。JLLは、ジョーンズ ラング ラサール インコーポレイテッド企業呼称及び登録商標です。http://www.jll.com
JLLのアジア太平洋地域での活動は50年以上にわたり、現在16ヵ96事業所で37,000名スタッフを擁しています。JLLは、2017年インターナショナルプロパティ・アワードアジア・パシフィックにて計23の賞を受賞しました。また、リアル・キャピタル・アナリスティックスより、7年連続でアジア太平洋地域のトップ投資アドバイザーに選出されています。http://www.ap.jll.com
JLL日本法人の詳細はホームページをご覧下さい。http://www.joneslanglasalle.co.jp

配信元企業ジョーンズ ラング ラサール株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ