4月末にオープンしたVRエンターテインメント施設『ドラゴンクエストVR』が大人気だという。

『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる管理人ひろゆき氏が前編に続き、進化が著しいVRAR技術の可性を議論する!

* * *

ホリ このドラクエVRゲームは専用の施設じゃないとプレイできないみたいだけど、「でもやりたい」っていうは多そうだね。

ひろ そうですね。あと、「感触を再現すること」と「物理的に動かす」というのは、レベルが全然違うので、そこが問題ですよね。モノを触ったような感覚は、それっぽく作り出すことができますけど、硬すぎて握りつぶせないとか、に当たって前に進めないみたいな感覚を再現するのは厳しいような気がします。

ざっくり言えば、人間の筋以上の出を持つモーターをつけなきゃいけないので、パワードスーツみたいな大がかりなものになっちゃうんですよね。なので、自分が実際に動いて楽しむドラクエみたいなゲームは、庭用としてはなかなかハードルが高い気がしてます。てか、人間の筋以上のモーターを持つパワードスーツが、それを着ている人を締めつけちゃったりすると、普通に死にますからね(笑)

ホリ 別に庭用じゃなくても問題ない気がするけど。

ひろ 例えば、さっき言ったホロレンズも業務用はそれなりに出ているんですが、普及台数が少ないので参入してくるソフトメーカーが少ないんですよね。ソフトメーカーにとっては普及台数によって売り上げの上限が決まるので、やっぱり庭用じゃないとなかなかペイしないんでないかと。

ホリ まあ、キラーコンテンツエロだろうね。VHSビデオインターネット爆発的な普及の裏にはエロの存在があったわけだし。

ひろ エロ需要はデカいですよね。的には「イリュージョン社」(3D美少女アダルトゲームメーカー)の時代が来たような気がします。

ホリ 今は2次元の女のコを好きになっている人もいるけど、今後はよりリアルバーチャル彼女になって、それで十分という人とかも出てくるんだろうね。

ひろ はいはい。

ホリ 今は自分ではそんな気がなくてもセクハラになってしまう世の中だし、そもそもリアル女子と付き合うのが面倒くさいからってバーチャル世界に行く人は多いはず。

ひろ まあ、今は実写VR版AVも出てきていますけど、そのうちに実写じゃなくてもよくなるんじゃないですか。VRは360映像カメラを自分視点で切り替えられるというのがメリットなので、映像CG実写なのかというのはさして重要ではない気がします。

ホリ ということで、VRARは今後間違いなく進んでいく分野。便利になるんだし、ヘンに拒絶せずに、機会があれば触れていったほうがいいよね。

(構成/杉原徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)

堀江貴文(ほりえ・たかふみ)










1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長SNS株式会社オーナー兼従業員。『10年後の仕事図鑑』(SBクリエイティブ)が好評発売中

西村博之(にしむら・ひろゆき










1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる管理人。『働き方 無双』(大和書房)が好評発売中!

大人気の『ドラクエVR』でホリエモン×ひろゆきが「次はVR彼女でしょ!」