本田が退団の可性を示唆、去就注メキシコメディアも別れのメッセージ

 日本代表FW本田圭佑は、今年6月パチューカとの契約が満了となる。スペインアメリカオーストラリア日本など様々な移籍先補が報じられるなか、メキシコメディアは退団を覚悟して「アディオスKSK」と日本人アタッカーに別れを告げている。

 本田2018年からスタートしたリーガMXメキシコリーグ)後期リーグで圧巻のパフォーマンスを披露。7得点7アシストといずれもチームトップの成績を残し、チームの攻撃を強く牽引した。惜しくも優勝決定プレーオフに進出できる8位以内に一歩及ばず、4月28日に行われた最終節アトラス戦(0-0)でシーズン終了となったが、メキシコ挑戦1年で確かな足跡を残した。

 本田5月3日に帰してトレーニングを再開。J2東京ヴェルディ練習に参加するなどロシアワールドカップW杯)に向けて調整を続けているが、今年6月で現行の契約が切れるため、来季の所属クラブは不透明な状況となっている。

 本田は27日に自身のツイッターで、「親なるメキシコの人々へ。は自分自身で考えていることの一部分を共有したいと思う。パチューカを去る可性もあるけど、それは銭的理由ではない。現時点でクラブと交渉していない。は1年前にクラブ契約した時も、この決定のもとで行なっていたのだから」とパチューカ退団の可性を示唆する投稿を行っていた。

 メキシコメディア「Criterio Hidalgo」は、「アディオスKSK」(さらば本田)と見出しを立てて特集。パチューカフロントが慰留しようとオファーの見直しも視野にいれたが、本田は心を痛めながらも決断は「NO」だったと記している。

「ケイスケとパチューカが将来一緒になるのか、それとも永遠のサヨナラになるのか、見守ろう」

 わずか1年で“リーガMXの顔”となった本田の去就だけに、地元メキシコメディアもその行く末が気になるようだ。


Football ZONE web編集部)

今年の6月でパチューカを退団する可能性を示唆している本田【写真:Getty Images】