映画『日日是好日』の開日が10月13日に決定。あわせて特報と第1弾ポスタービジュアル開された。

森下典子が茶道教室に通い続けた約25年にわたる日々をったエッセイが原作の『日日是好日』。就職の話が出始めた大学生の典子が母親から茶道を勧められ、従姉の美智子からの一押しもあって、嫌々ながら「タダモノじゃない」と噂の茶道教室先生を訪ねるというあらすじだ。典子役黒木華茶道教室武田先生役に木希従姉の美智子役多部未華子キャスティング監督、脚本は大森立嗣が務めた。

茶道の稽古シーンからスタートする特報では、典子が顔をしかめながら「これって、何やってるんですか?」と言う場面や、四苦八苦する典子たちを見て「お茶って、まあそういうものなのよ」と武田先生が微笑む様子、畳の上を決められた歩数で歩く典子の姿などが映し出されている。

「掛け軸」をイメージしたポスタービジュアルには、碗を前に正座する典子、美智子、武田先生の姿がイラストで描かれている。キャッチコピーは「Let it Tea. 史上初。お茶映画できました。」。撮影は昨年の11月12月神奈川横浜近郊で行なわれ、作品は今完成した。茶道未経験の黒木木、幼少期に多少の経験がある多部の3人は、茶道の始動を受けて撮影に挑んだという。

『日日是好日』第1弾ポスタービジュアル ©2018「日日是好日」製作委員会