テレビドラマ『絶対零度』シリーズの最新作『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ)が7月期の月9ドラマとして放送されることが決定した。

【大きい画像を見る】『絶対零度』シリーズの最新作が7月スタート!主演は沢村一樹、前作主演の上戸彩も出演決定


 シーズン1ではコールド・ケースと呼ばれる“未解決事件”を、シーズン2では“潜入捜査”をテーマに、新米女性刑事・桜木泉の活躍と成長を描いてきた同シリーズ。今作では装いも新たに元公安のエリート刑事・井沢範人を主人公として、“未来の犯罪を予測して捜査する”ということをテーマに、潜入捜査やアクション、予期せぬ展開とエンターテインメント性をパワーアップして物語を展開する。

 主人公の井沢を演じるのはフジテレビの月9初主演となる沢村一樹。また、前シリーズから7年を経て、一流の捜査官に成長していたが、ある捜査中に突如失踪、消息をたってしまった桜木泉役を引き続き上戸彩が演じる。桜木は物語全体の謎のカギを握る存在として登場するという。

 沢村が演じる井沢は、ひょうひょうとしてつかみどころのない印象を周りに与える人物。元公安のエリート刑事だが、ある事件を起こしたことをきっかけに公安から、総務部・資料課に室長として転属してしまう。トラブルメーカーが集められるという資料課だが、その裏、重要なプロジェクトの任務を託されていた。そのプロジェクトとは、日本国民のあらゆる個人情報、日本全国の監視カメラの映像、メールや電話の通信データ、などが集約されたビッグデータを解析し、過去15年分のさまざまな犯罪データと照らし合わせ、AIが統計学的に、これから起こる重大犯罪、主に“殺人”を犯す可能性の高い危険人物として割り出す“未然犯罪捜査システム=ミハンシステム”の実用化プロジェクト。資料課に課せられたミッションは“未然犯罪捜査チーム=ミハン”として、“ミハンシステム”の割り出した、未来の危険人物が起こすかもしれない重大犯罪を阻止すること。データが示すのは危険人物の名前だけで、何が起こるかは分からず、いつ、どこで、誰が、なぜ、殺されようとしているのか? それらのことを潜入捜査しながら突き止めていく。

 主演の沢村は同作の見どころについて「物語は多くの謎をはらんだまま進行していきます。謎の失踪を遂げた上戸彩さん演じる桜木が“ミハン”と、今後どのような形で絡み合うのか……。井沢の、冒頭で見せる凶行と班長としてのギャップの裏にはなにがあるのか? “未然犯罪の捜査”というまだ起こっていない、これから起こる可能性の高い犯罪の捜査をすることでの葛藤、これでもかというほど、クセの強い登場人物たちの背景に一体、何があったのか、今後のストーリーの展開が気になります。そして“コレ、本当にできるのか?”というアクションシーンや、これぞ刑事ドラマと言わしめるチームワーク、など見どころが満載です!」と熱いメッセージ。

 前作から7年ということで上戸は「“桜木泉”がどう成長してきたか、空白の時間をお届けできたらと思います。“桜木泉”を生かし続けてくださる皆様に感謝しています」とコメントしている。【ほかの画像を見る】『絶対零度』シリーズの最新作が7月スタート!主演は沢村一樹、前作主演の上戸彩も出演決定
『絶対零度』シリーズの最新作が7月スタート!主演は沢村一樹、前作主演の上戸彩も出演決定