43歳の今季は12試合で0勝0敗1セーブ4ホールド、防御率2.61

 現役最年長投手中日岩瀬仁紀投手が順調に出場試合数を増やしている。NPB史上初の1000試合登板まであと「46」として開幕を迎えた今季、このペースでいけばシーズン後半にも大記録を達成しそうだ。

 1974年11月まれの岩瀬は、2016年限りでイチロー世代1973年12月まれの三浦大輔引退してから、NPB史上最年長投手になった。今季、上原浩治巨人に復帰したが、上原は1学年の下の1975年4月生まれだ。

 歴代1位の通算セーブ数を挙げている左腕。今季も1セーブマークし、その記録を405セーブとした。歴史に残る大投手となっているが、今季は前人未到の1000試合登板という大記録を控えている。

 投手での出場が50える選手の出場試合数5傑()投手としての出場数 ※は現役

金田正一 1053試合(944試合)
米田哲也 979試合(949試合)
岩瀬仁紀 966試合(966試合)※
梶本隆夫 934試合(867試合)
小山正明 869試合(856試合)

 岩瀬以外の4人は昭和の大投手。すべて200勝以上している。この頃の投手登板するだけでなく、代打や野手としても出場しており、純投手としての登板の10傑はこうなる。

1岩瀬仁紀 966登板
2米田哲也 949登板
3金田正一 944登板
4梶本隆夫 867登板
5小山正明 856登板
6江夏豊 829登板
7皆川睦雄 759登板
8稲尾和久 756登板
9鹿取義隆 755登板
10五十嵐亮太 754登板

 野手の「試合出場」は、1イニング以上守備に就けば、守備機会がなくても記録される。較的更新が容易だが、投手の場合、打者と対戦しなければならない。結果が出なければ、起用し続けることは難しい。

 43歳の岩瀬は今季12試合に登板して0勝0敗1セーブ4ホールド、防御率2.61を記録している。重な中継ぎ投手として、重要な場面で起用されている。このことに大きな価値がある。岩瀬2015年は1軍登板なし、2016年も15試合の登板にとどまった。ところが、昨季、復活を遂げて50試合に登板6月には14試合に登板し、1勝0敗1セーブ10ホールド、防御率0.00でMVPを受賞している。また、米田哲也949登板を抜き、史上1位に躍り出ている。

 岩瀬仁紀、単なる「記録のための記録」ではなく、戦としてチームに貢献を続けながらの大記録挑戦だ。それだけに、非常に価値が高いと言える。昨季は6月までに34登板したが、7月以降に調子を落として16試合の登板にとどまった。43歳の岩瀬にとって、これからが正念場。前人未到の1000試合登板中日が誇る“鉄人左腕”が、偉大な記録を打ち立てる日はいつになるだろう。(広尾 / Koh Hiroo)

中日・岩瀬仁紀【写真:荒川祐史】