2018年5月17日にマイナーチェンジを行い、従来の3列6人乗り仕様だけでなく2列5人乗り仕様を設定し、バリエーションを充実させたホンダ・ジェイド。ここではインテリアの変更点を紹介します。

詳細画像はこちら

インパネはモデルの特徴にあわせた加飾を施しており、RSは黒を基調としてインテリアにカーボン調パネルやオレンジのステッチでスポーティ感を強調。上級グレードのXはアイボリーを基調とした明るい室内を木目の美しさを活かしたオイルフィニッシュ調パネルで落ち着いた空間を演出(Xグレードはブラック基調のインテリアも設定しています。)。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ジェイドのマイナーチェンジにおける大きなポイントの1つが、2列5人乗り仕様の追加です。サードシートを廃したラゲージルーム容量は5人乗車時で440L。加えて、床下に設定された23Lのアンダーボックスの合計463Lです。これはターボ車、ハイブリッド車同様の数値となっています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

リアシートのショルダー部に設置されたレバーを引けば、簡単にシートバックを倒すことが可能で、積載量はグンと拡大します。一方3列6人乗り仕様は従来通り、セカンドシートはV字にスライドするキャプテンシートを採用。加えて、サードシートは畳めばフラットな床に早替わりし、優れた積載性を実現しています。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

シート表皮もグレードによって異なっており、RSはインテリア同様にブラックを基調としてオレンジをアクセントカラーに採用。シート表皮にはラックススエードとプライムスムースのコンビシートとなっています。Xグレードはスペーサーファブリックとプライススムースのコンビシートを採用。インテリアカラー同様シートカラーも2色を用意しています。

 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

さらに5人乗りのセカンドシートは、シートの厚みが増したコンフォートシートの採用をはじめ、柔らかく幅広な大型アームレストを追加。加えてセンター部分の座面を反転するとテーブル、カップホルダー、収納ポケットが出現します。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

乗車定員が少なくなった5人乗り仕様はリアシートの快適性や利便性に注力していることがわかります。現在では数少なくなったスタイリッシュなステーションワゴンとしてジェイドの選択肢は今後増えるのは間違いありません。ジェイドの車両本体価格は239万8680円~308万8800円となっています。

(萩原文博)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

快適性と利便性に注力した新型ホンダ・ジェイドのインテリア(http://clicccar.com/2018/05/17/589674/)