上映企画『ウディ・アレン特集上映』が、6月18日から東京新宿ピカデリーで開催される。

ウディ・アレン監督の新作映画『女と男の観覧車』が6月23日開されることを記念した同イベントでは、投票で選出された上位3作品を上映。対作品は『ロンドン狂想曲』『ミッド・ナイト・インパリ』『ローマアモーレ』『ブルージャスミン』『マジックインムーンライト』『教授のおかしな妄想殺人』『カフェ・ソサエティ』の7作品となる。

投票方法は、ロングライドの公式Twitterをフォローした上で特設サイトに掲載されている作品を選んで「投票する」ボタンクリックし、ツイート投稿投票は1回のみで複数投稿は不可となっている。投票期間は6月7日まで。

上映スケジュールの発表は6月12日を予定。チケットのオンライン販売は6月15日18:00、一般販売は6月16日からスタートする。

『女と男の観覧車』は1950年代のニューヨーク・コニーアイランドを舞台にした作品。再婚同士で結ばれた夫ハンティに隠れて浮気をしているジニーの前に、ハンティ音信不通だったキャロライナが現れたことから彼女の全てが狂い始める、というあらすじだ。元女優遊園地レストランで働く主人公・ジニーをケイトウィンスレット、夫のハンティ役をジム・ベルーシ、ジニーの浮気相手ミッキー役をジャスティン・ティンバーレイク、キャロライナ役をジュノー・テンプルが演じる。

『カフェ・ソサエティ』 Photo by Sabrina Lantos ©2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.