ロクでもない理由による強制降機で乗客たちを激怒させるうえに仕事は適当…。そんな悪い印を抱かざるを得ないようなアクシデントが一時期多発していたユナテッド航空。これまで報じられていた事例以外にも乗客を激怒させる強制降機があったもようだ。ナイジェリアメディア『The Nigerian Voice』などが伝えている。

ユナテッド航空は実に失礼なエアライン。大変なる侮辱行為を受けました。私たちはアフリカから来たナイジェリア人、人です。そういうことが強制降機の理由であったとしたら、とんでもない差別行為です。」

このほど同エアラインに対して民事訴訟を起こしたのは、ナイジェリア籍のクイーン・オビオマさんという女性2016年3月4日、子供たちとともに3つのフライトを乗り継いでナイジェリアのラゴスからカナダオンリオに向かうに出たが、テキサス州ヒューストンの「ジョージブッシュインターコンチネンタル空港」でサンフランシスコ経由オンリオ行きのユナテッド航空に搭乗したところ、クルーの判断によりほどなく降機を命じられてしまった。

本人の弁や裁判所に提出された文書をもとに『ヒューストンクロニクルが報じたところによれば、搭乗してすぐ彼女はトラブルに見舞われていた。搭乗券にある座席番号には人の男が座っており、「ここは私の席です。移動してください」と告げるも男はそれを拒否するクルーの説得にも応じないことからオビオマさんは仕方なく男が購入していた席に座ることを了解。そして彼女は機内のトイレに入った。ところが座席に戻ろうしたところクルーに阻まれて飛行機を降りるよう命令された。付近に座っていたビジネスマンらしき男の乗客がパイロットに「彼女から不快な臭いが漂ってくる。一緒のフライトは耐えられない」と苦情を入れたからだと説明されたという。

こうして別の座席にいた2人の子供とともに理やり降機させられたというオビオマさん。スターアライアンスチームのマイレージポイントを貯めてきた彼女はユナテッド航空をひいきにしており、そのフライトでもビジネスクラスの座席を購入していた。ユナテッド航空は少し前、94歳の女性ビジネスクラスのチケットを購入していたにもかかわらず、障がいを理由にエコノミークラスに移動させて批判を浴びていた。

画像は『The Nigerian Voice 2018年5月14日付「Nigerian Passenger and Children Removed From United Airlines plane for Alleged body odour」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト