今年創業110周年を迎えた崎陽軒。さまざまな周年イベント企画を実施しているが、6月1日()に戸塚崎陽軒にて「ホタルの夕べ」を開催する。

【写真を全部見る】ホタル鑑賞が行われる中庭。開放的で癒される空間だ

戸塚崎陽軒は、戸塚駅からバスで約15分のところに位置する一軒レストランで、コロニアル様式の邸宅で、中国料理イタリア料理を楽しめる。今回実施される「ホタルの夕べ」は、2005年から行われていたイベントで、ここ数年は実施されていなかったものの、このたび周年記念として復活した。

料理中国料理イタリア料理か選べ、中国料理は、フカヒレ入り極上蒸しスープ北京ダック、生コショウと霜降りのソテーなど全7品。イタリア料理は、イタリアン3段重のアンティパスト、有頭エビのソテー チェリートマトソース毛和ロースフォアグラ添えトリュフソースなど5品+パン+食後の飲み物で、どちらも「ホタルの夕べ」限定のスペシャルコースだ。

また、6名から利用できる個室や宴会場もあるので、大人数のグループや小さい子供がいる家族でも安心。

「嘉宮(かきゅう)」(中国料理)または「イルサッジオ」(イタリア料理)にて食事を楽しんだあとは、のあるパティオ(中庭)に出てホタル鑑賞を行う。中庭に放たれたホタル幻想的なを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごそう。(横浜ウォーカー横浜ウォーカー編集部)

大きな窓やポーチが特徴的な「戸塚崎陽軒」