5月16日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、ブラックマヨネーズ(小杉竜一、吉田敬)の悩みを解消する最新の医療技術が紹介されたが、費用を知るや吉田はトーンダウン。明石家さんまに「おまえ、治す気無いやろ!?」と全力でツッコまれる一幕があった。

【写真を見る】ぶつぶつ肌の吉田敬もつるつるに?

美肌評論家・森智恵子氏が、髪の毛を作り出す皮膚の器官・毛包を培養した上で植毛する新しい発毛法を紹介したところ、小杉は「やります!」と即答。

後頭部から、毛髪100本ほどの毛包を含む1平方cm程度の皮膚を切り取り、数十倍に培養した上で、増毛したい箇所へ移植するというもの。

詳細を聞いた小杉は「えー、増やせれんの!? それ、夢ですやん!」と大興奮。さんまに「おまえ、ホンマに治したいの?」と尋ねられた小杉は「はい! それで前髪伸ばして、フーッてやりたいんです!!」と、邪魔な前髪に息を吹きかけてどかすしぐさへの憧れを熱弁。吉田が「元襟足やで、それ(笑)」と小杉いじりが始まり、スタジオを沸かせた。

かくいう吉田も、1カ月貼り続けるだけで皮膚トラブルを治せるコラーゲンスポンジを森氏に紹介されると、「マジか」と真顔に。

ただし、表皮を削り取って血液がにじみ出る状態にした上で、シリコンフイルムで覆われたコラーゲンスポンジを1カ月間は貼り続けなければならない。

血液などを栄養としてコラーゲンスポンジ内に擬似真皮ができると、平らできれいな肌になるのだという。

「その凹んだ穴が真っすぐ平らになって、キャラ落ちよ!」と森氏がいじるも、吉田は「きれいになった方が勝ちやもん。なりたいッスわ」とアッサリ。

1カ月貼り続けねばならない点も「1カ月だけマスクマンの芸人みたいな。え、それ、ホンマにいいんじゃない、んですか?」と乗り気な反応を。

しかし、100万円以上の治療費が必要と聞くや、ちゅうちょし始める吉田。さんまに「おまえ、治す気無いやろ!?」とツッコまれたが、「よう考えたら、なんで悪いこともしてないのに何百万も払わなダメなんですか!」と言い返して、笑いを呼んだ。

ネットでは、「フサフサ小杉とか想像つかんw」「ツルツルの吉田て、もしやイケメン?」などと、生まれ変わったブラックマヨネーズを想像する視聴者のコメントが上がったが、「そんなんブラマヨちゃう!w」という意見も見られるなど盛り上がった。

次回の「ホンマでっか!?TV」は5月23日(水)夜9時より放送。ゲストに小松菜奈、清野菜名、濱田マリ、山本舞香が登場し、専門家らによる“付き合ったら大変な女優”診断を受ける予定。(ザテレビジョン)

ブラックマヨネーズの悩みが解消?