プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「あこがれのポジション」です。

阪神・荒木郁也内野手

西武時代の松井稼にあこがれアマチュア時代から遊撃手として活躍した荒木

 やっぱりショートですね。花形ポジションというイメージがあります。もともとのあこがれもありましたし、小学生のころから明大まで、基本はずっとショートを守らせてもらいました。僕たちの世代は松井稼頭央さんにあこがれて育った選手が多いと思います。

 僕も西武時代の松井さんからずっと勉強させてもらっていますけど、走攻守すべてでとにかくすごかった。三遊間のゴロをバックハンドで捕って一塁へジャンピングスローするプレーなんかは、今でも脳裏に焼きついています。当時はよくモノマネしましたけど、自分には全然できなかったですね(笑)。松井さんの存在もあって、今でもショートが花形というイメージが残っています。
阪神・荒木郁也内野手「やはり松井稼頭央さんですね」/あこがれのポジション