旧優生保護法下での不妊手術を受けた北三郎さん(75、活動名)は、手術を受けた事実を妻にも言えず、長い間苦しんできた。17日、東京地裁に国家賠償請求訴訟を起こした北さんは「裁判で強制不妊手術の実態を明らかにし、心の傷を少しでも埋めたい」と訴えた。弁護団は「今回の訴訟は救済の幅を広げる試金石」と強調。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

旧優生保護法下における強制不妊手術に関して提訴後、記者会見を行う原告の男性=東京都千代田区で2018年5月17日午前10時17分、藤井達也撮影