『コーラス』『幸せシャンニア劇場から』など音楽映画名作を手がけてきたプロデューサーニコラ・モヴェル製作映画『La Melodie(原題)』が、邦題を『オーケストラクラス』として8月18日より開されることが決定。併せてポスタービジュアルと場面カットも解禁となった。

【写真】『オーケストラ・クラス』フォトギャラリー

 フランス2000人以上が体験した、実在音楽教育プロジェクトDemos(デモス)」からインスピレーションを受けた本作。Demosは、音楽に触れる機会の少ない子供たちに無料楽器を贈呈した上で、プロ音楽家音楽の技術と素しさを教えるプロジェクトだ。エマニュエルマクロ大統領アンゲラ・メルケル独首相も現場を訪問するなど、大きな話題となっている。

 本作は、パリ管弦楽団の本拠地として知られる大規模コンサートホールフィルハーモニー・ド・パリ」の全面協を得て製作。「音楽を奏でることの喜び」と「人生の素らしさ」をおしく紡ぎ上げたヒューマンドラマとなっている。

 バイオリニストのシモン音楽家として行き詰った末、パリ19区の小学校音楽教育プログラムの講師として着任。しかし、気難しく子供が苦手な性格に加え、楽器演奏未経験である6年生の生徒たちへの導は至難の業で、自信を喪失してしまう。しかし、クラスの一員のバイオリンの才を持ったアーノルドの影で、子供たちは音楽の魅に気付き、演奏に没頭。そんな生徒たちと向き合うことで、シモン音楽の喜びを取り戻し、1年後に開催されるフィルハーモニー・ド・パリでの演奏会を共にしていく。

 今回、解禁されたポスタービジュアルでは、青空が広がるパリの前にして、シモンと生徒の少年バイオリン演奏する姿を活写。また、生徒たちを導するシモンの様子や、真剣な表情でバイオリン練習する子供たちの姿をとらえた場面カットも確認できる。

 映画オーケストラクラス』は8月18日より全開。

『オーケストラ・クラス』ポスタービジュアル(C) 2017 / MIZAR FILMS / UGC IMAGES / FRANCE 2 CINEMA / LA CITE DE LA MUSIQUE - PHILHARMONIE DE PARIS