知英が演を務める映画『私の人生なのに』の予告編とポスタービジュアル開され、知英ふんするヒロイン稲葉友演じる幼なじみによるギターセッションの一端がお披露された。

 本作の主人公は、オリンピック補の新体操スター選手でありながら、脊髄塞で倒れ半身不随となってしまう金城瑞穂(知英)。瑞穂絶望の中、幼なじみ柏原之介(稲葉)と再会したことで音楽と触れ合い、葛を乗り越えて進んでいく。

 ギターセッションをする瑞穂之介を切り取ったポスターは、音楽を通じて新たなステージに向かっていくシーンを再現した徴的な1枚。予告編にも、2人が並んでギターを構える場面や、瑞穂ギターを弾きながら歌うシーンが映されており、音楽物語キーとなっていることがわかる。

 また、題歌は、知英が歌手活動する際の名であるJYが担当。脚本を読んで書き下ろされた楽曲「涙の理由」は、予告編の後半で聞くことができる。(編集部・小山美咲

映画『私の人生なのに』は7月14日

映画『私の人生なのに』ポスタービジュアル - (C) 2018「私の人生なのに」フィルムパートナーズ