独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構 所在地:東京都港区 理事長:高田 坦史)は、優れた製品・技術・サービスを持つ全中小企業が一堂に会するビジネスマッチング・イベント「新価値創造展2018(第14回中小企業総合展 東京)」を2018年11月14日水曜)~11月16日金曜)の3日間、東京ビッグサイトにて開催します。
 本展示会の開催にあたり、販路開拓や業務提携等のビジネスマッチングを希望する中小企業を、2018年5月21日月曜)より募集します。

 本展示会は、出展者や来場者の出会いによる異業種連携やユニークな発想による、新商品の開発などを通じた“新価値”を見出すことで、中小企業の販路開拓や市場創出を支援することを的としています。異業種が集まる場だからこそ、従来の発想とは異なる製品・技術・サービスの組み合わせや新なアイデアが生まれやすく、新たな事業展開へと繋がる可性を秘めています。

 出展効果を高めるサービスとして、出展製品オリジナルPR動画の作成、出展者によるプレゼンテーション機会の提供など、様々なメニューをご用意しております。

 募集の詳細については、添付資料またはウェブサイトをご覧ください。
URLhttps://shinkachi-portal.smrj.go.jp/event/shinkachi2018/


< 出展募集について >
■出展対
 自らの製品・技術・サービスを保有する中小企業であって、「新価値創造展2018」の開催テーマでの新価値創造をし、ビジネスマッチングを希望する者。

■開催テーマ
(1)産業・技術(生産技術/新素材IoTロボット
加工・成・接合・表面処理、機械部品・機器、電機電子機器、理化学機械学機器、情報・通信、素材材料、制御・自動運転・安全・セキュリティー、測定・分析機器・センサーロボットドローンソフトウェアシステム、受託サービス(試作・OEM)、

(2)健康・福健康/予防/医療/介護
臨床・処置、診断・予防、在宅製品・見守り、介護・リハビリ、ロボット遠隔医療、診断支援・解析・センサー

(3)環境社会環境/防災/社会・地域課題)
環境善・保全、省エネリサイクル水素・燃料電池、二次電池、再生可エネルギー、スマートグリッド、高機建材・高効率建築、防災・防犯、農産業の高効率化

■募集期間
2018年5月21日月曜)~7月13日金曜) (※8月中旬出展者確定予定)


< 開催概要
名 称:新価値創造展2018(第14回 中小企業総合展 東京
会 期:2018年11月14日水曜)~11月16日金曜
会 場:東京ビッグサイト 東2・3ホール

 催:独立行政法人 中小企業基盤整備機構
後 援:経済産業省中小企業庁、経済産業省特許庁、関東経済産業局、東京都国立研究開発法人産業技術総合研究所独立行政法人日本貿易振機構、独立行政法人際協機構、日本商工会議所、全商工会連合会、全中小企業団体中央会、株式会社日本政策庫、株式会社商工組合中央庫、東京中小企業投資育成株式会社中小企業同友会全協議会

出 展:600社程度(前回実績 618社・団体)
来 場:35,129人(前回実績)
新価値創造展2017会場風景

<中小機構について>
 中小企業基盤整備機構は、日本中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として様々な中小企業支援を行う経済産業省所管の独立行政法人です。全9ヶ所の地域本部を拠点として、中小企業の事業活動の活性化に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化などの中小企業の様々な課題に対し、経営相談、研修、共済制度、ファンドを通じた資提供など多様な支援を実施しています。

配信元企業独立行政法人中小企業基盤整備機構

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ