カードブランドUnionPay銀聯)」のグロバル展開を手掛ける銀聯際(本社:上海)は、20代40代の男女600名を対インターネットによる「海外旅行に関する調」を実施しました。 

※本リリースの調結果や分析をご掲載頂く際には「UnionPay International 調べ」とご記載ください。


1.自分の意思で海外旅行に行ったことがない人は約5割20代男性は、6割以上の人が海外旅行経験なし。
 20代40代の男女に、親に連れて行ってもらった旅行や、修学旅行などではなく、自分の意思で海外旅行に行ったことがあるかを聞いたところ、2040代の46.7%、約5割の方が海外旅行に行ったことがないということがわかりました。中でも20代男性は、60%以上が自分の意思での海外旅行経験なしと回答しました。

2.海外旅行に頻繁に行かない・行ったことがない理由1位は「お金がかかる」、2位は「まとまった時間がとれないから」という結果に。
 海外旅行に対する意思の低さを受けて、海外旅行に頻繁に行かない・行ったことがない理由を聞いたところお金がかかるから(69.2%)」の理由が1番多く、続いて「まとまった時間が取れないから(38.8%)」という結果となりました。

3.ファースト海外旅行の行き先ランキングアジアの3つのと地域がランクイン
 海外旅行経験者向けに、初めての海外旅行の行き先を聞いたところ、1位は「アメリカ」、2位は「韓国」、3位「オーストラリア」、4位「中国内陸」、5位「台湾エリアという結果となりました。
 ハワイグアムなどを含むアメリカが一番人気ですが、アジアの3つのと地域がランクインし、日本人ファースト海外旅行先に多く選ばれていることが分かりました。

4.ファースト海外旅行の行き先を選んだ理由は、年代が若いほど「価格の安さ」を重視。きっかけとしては「友人に誘われたから」が1位に。
 続いて、初めての海外旅行先を選んだ理由を聞いたところ、年代ごとに重視することが違う結果となりました。20代では「価格が安い」が1位となり、30代・40代では「ずっと行ってみたい場所だった」が1位となり、年代が若いほど「価格の安さ」を重視していることが分かりました。
 また、旅行のきっかけを聞いたところ、「友人に誘われた」「家族に誘われた」が上位となり、人に誘われて海外旅行に行く人が多いことが分かりました。

5.海外旅行に行くにあたって重視することは、男性「価格の安さ」、女性グルメを楽しめる」が1位に。
 海外旅行へ行くに当たって重視していることを聞いたところ、男性は「価格が安い」「治安や衛生面の心配がない」「グルメを楽しめる」、女性は「グルメを楽しめる」「治安や衛生面の心配がない」「歴史的な建造物や遺産を楽しめる」という順番になり、グルメ治安・衛生面については男女ともに気にする傾向にあることが分かりました。

6.海外旅行先のイメージランキングの内、「料理の美味しさ」、「手軽さ」、「一人旅でも安心」、「歴史的建造物がある」にアジアランクイン
 海外旅行にいくにあたって重視していることを中心に、各項に対してどこの地域のイメージがあるかを聞いたところ、 「料理の美味しさ」、「手軽さ」、「一人旅でも安心」、「歴史的建造物がある」全てでアジアベスト3にランクインする結果となりました。


トラベルジャーナリスト寺田直子氏に聞いた!初めての海外旅行コスパ抜群なアジアがおすすめ!
 「初めて海外に行くのですがどこがお薦めですか?」という質問をよくうけます。そんなとき私は
「まずはアジアへ」とお答えします。アジアといってもさまざまなや地域があります。自然の多い台湾エリアクリーングリーンで美観を誇るシンガポール、美食三昧の香港エリアなど。共通するのは「近い」、「物価が安い」という点。週末を使った2、3泊でも十分楽しめる距離感。最近はLCCと呼ばれる格安航空会社日本から運航しているので驚くほど安い料で行くことも可です。
 そして現地の物価がとにかく安い!ローカルグルメマッサージなどコスパのいいができるのがアジア醍醐味。ただし旧正月などアジア特有の連休シーズンは混みあいます。ホテル航空券も料が上がるので注意しましょう。
 そして大事なことは海外ではクレジットカードID(身分明)代わりになるということ。ホテルでのチェックイン時に提示をめられることも多く、ぜひ一枚持参することをお薦めします。レストランスーパーでもキャッシュレスで支払うのはスマートですし、現を持ち歩かない安心感は海外ではとても重要なポイントです。

トラベルジャーナリスト 寺田 直子(てらだ なおこプロフィール
25年。訪れた90ほど。雑誌、週刊誌ウェブ、新聞などに寄稿する他、ラジオ出演、講演など多数。


アジアにおける圧倒的なブランドシェア率!初めての中国アジア旅行にはUnionPay銀聯カード
 UnionPay(銀聯)カード中国人にとって大変ポピュラーな決済手段です。中国内のほぼすべての加盟店とATMUnionPay(銀聯)カードが使えます。北東アジアでは80東南アジアでは70以上の加盟店でUnionPay(銀聯)カードが使うことができ、アジアのほかのと地域でも圧倒的な発行枚数を誇ります。
 中国香港エリアではほぼすべての加盟店とATMUnionPay(銀聯)カードが使えるほか、約2,500万枚UnionPay(銀聯)カードを発行しており、デビットカードにおいては圧倒的に利用されているブランドです。現在香港で新しく発行されたクレジットカードのうち半分以上はUnionPay(銀聯)カードです。また韓国でも、多くの加盟店でUnionPay銀聯)のクレジットカードが利用可なほか、174万店の加盟店でPIN入で決済できます。また、約6.8万台のATMで引き出しができます。現在韓国では約2,900万枚UnionPay(銀聯)カードが発行されています。アジア旅行をする際にはUnionPay銀聯カードを持っていると大変便利です。




銀聯際について
 銀聯際は中国銀聯有限際業務を行う子会社です。世界中の機関と提携し、UnionPay(銀聯)カード海外での受け入れ促進・カード発行・革新的なグロバル決済サービスの導入を行い、銀聯ブランド際的影を高めています。世界1800社をえる機関との提携によって、現在UnionPay(銀聯)カード48と地域で発行され、168と地域でご利用いただけます。世界最大の発行枚数を誇る銀聯際は、カードホルダーの皆さまへの上質・便利・安全なグロバル決済サービス提供はもとより、より多くの海外カードホルダーの皆様に向けても地域に根付いた便利なサービス提供してまいります。
 日本では2008年よりカード発行を開始し、クレジットデビットプリペイドタイプカードを発行しています。内の加盟店数は67万店を突破し、ATMは全7万台でご利用いただけます。

データはThe Nilson Report「the Global Cards Report 2016」(2017年5月)より抜

配信元企業銀聯

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ