ウェストハムは16日、デイヴィッド・モイーズ監督との契約満了を発表した。

 昨年11月に当時18位と降格圏に落ち込んでいたチームを率いることになったモイーズ監督は、一時11位にまで押し上げるなど上昇気流に乗せた。最終的には13位でリーグ戦を終え、見事残留を勝ち取っている。

 クラブ公式ホームページの中で、デイヴィッド・サリヴァン会長監督感謝の意を示した。

プレミアリーグ残留を決めてくれたモイーズ監督スタッフたちに、心の底からお礼を言いたい」

「彼はウェストハム実に仕事に取り組んできていたし、私たちはともに仕事をする喜びを見つけることができた。チーム一丸となって困難な状況にチャレンジしていった。このクラブにおける彼の仕事ぶりは尊敬に値しており、クラブを去っても私たちはモイーズ監督の幸運を祈っている」

「私たちはすでに新しい監督をつけており、10日以内にサポーターに紹介できると思う。彼はいい手腕を持っていて、私たちを導いてくれるはずだ」

契約満了が発表されたモイーズ監督 [写真]=West Ham United via Getty Images