アトレチコPRの守護サントスキックオフ直前に自軍ゴール前で携帯をいじる

 ブラジル1部アトレチコ・パラナエンセ(アトレチコPR)の試合で、サポーターも衝撃のが捉えられた。スペインマルカ」など複数メディアが報じている。

 アトレチコPRは現地時間13日のアトレチコ・ミネイロ戦に1-2で敗れたが、その試合結果以上に話題を集めているのがキックオフ直前にカメラに捉えられたあるだ。

 アトレチコPRのブラジルGKアデルバルサントスは一度守備位置につくものの、おもむろにゴールへと歩み寄り、グラウンド上に置いていた携帯を手にした。そして試合開始直前にもかかわらず、なんとそのまま手に持って守備位置に戻り、前方をチラチラと見ながら携帯画面を見て操作。そしてキックオフホイッスルが鳴るとピッチ携帯を戻し、何事もなかったかのように急いで守備位置についた。

 英サッカー専門誌「フォーフォー・トゥー」は、アトレチコPRのフェルナンド・ジニス監督コメントを伝えており、「よく分からない。不思議だ。サントスは非常に責任感のあるプレーヤーで、不思議だった以外に言葉が出ない」と、守護の驚きの行動に困惑した様子だった。


Football ZONE web編集部)

アトレチコ・パラナエンセGKサントスの、試合直前にピッチ上で携帯をいじる衝撃の行動が話題を呼んでいる(写真はイメージです)【写真:Getty Images】