ウディ・アレン監督の新作『女と男の観覧車』(6月23日~)の開を記念して、ファン投票で上映作品を決める“ウディ・アレン特集上映”の開催が決定した。

 ロマンチックながら苦みのある人間ドラマの数々を生み出し、アカデミー賞で作品賞1回、監督賞1回、脚本賞3回の受賞歴を誇る巨匠アレン監督スクリーンで再びアレン監督ならではの秀作を観ることができる今回の企画で、上映作品を決める投票は、6月7日まで『女と男の観覧車』の公式サイトで行われる。対は、パリを舞台にファンタジックなストーリーで魅了した『ミッドナイトインパリ』のほか、『ロンドン狂騒曲』『ローマアモーレ』『ブルージャスミン』『マジックインムーンライト』『教授のおかしな妄想殺人』『カフェ・ソサエティ』の7作品。上映スケジュールの発表は6月12日を予定しており、特集上映は6月18日から22日まで新宿ピカデリーで行われる。

『女と男の観覧車』ポスター - (C) 2017 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

 『女と男の観覧車』は、1950年代のアメリカを舞台に男女欲望人生の切なさを描いたヒューマンドラマケイトウィンスレットが安定を願う一方で刹那的なに身を投じる主人公を熱演し、『ソーシャル・ネットワーク』などのジャスティン・ティンバーレイクらが共演している。(編集部・小松未)

ファン投票で上映作品が決まる! - 写真は『ミッドナイト・イン・パリ』より - (C) Photo by Roger Arpajou (C) 2011 Mediaproduccion, S.L.U.,Versatil Cinema, S.L.and Gravier Productions, Inc.