高齢者や障者、多様な方々にとって快適なユニバーサルデザインのコンサルティングを行う株式会社ミライロ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:垣内俊哉)は、株式会社ガンツ不動産(本社:福岡県福岡市、代表取締役森田俊)と協働し、不動産業界で初となる「遠隔での手話通訳サービス活用した、聴覚障のあるお客様への対応」ならびに「業界全体における、聴覚障者への理解」の普及・啓発を的としたPRイベントを、5月28日() 10:30~12:30天神ビル11階で実施します。PRイベントには株式会社悪の秘密結社・ヤバイ仮面が登壇し、九州圏内の不動産業関係者、募で選ばれた一般の方など約30名が参加します。

PRイベント告知画像

ミライロ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:垣内俊哉)は、株式会社ガンツ不動産(本社:福岡県福岡市、代表取締役森田俊)と協働し、不動産業界で初となる「不動産事業者による、遠隔での手話通訳サービス活用した、聴覚障のあるお客様への対応」ならびに「業界全体における、聴覚障者への理解」の普及・啓発を的としたPRイベントを実施します。

■不動産契約における、聴覚障者が抱える課題
聴覚障91名が回答したアンケート(※1)によると、全体の85が不動産仲介を「利用したことがある」ことがわかりました。しかし、問い合わせや予約時に困ったことがあると答えたのは47、相談・契約時の対面でのコミュニケーションに困ったことがあると答えたのは44にのぼります。そして不動産仲介に「障を理解して物件を探せる」ことを70%が、「コミュニケーションに配慮がある」ことを67%が、めていることもわかりました。聴覚障者が不動産仲介を利用する際の情報保障の方法として、メール手話文字リレーサービス、筆談、音声認識アプリなどでの手段が有効です。また、バイブレーションで来訪を伝える屋内信号装置や、来訪者を確認するテレビドアフォンなどの備わった物件を探すこともあるため、不動産業に携わるスタッフの知識向上も期待されています。
※1…2018年3月23日()~4月2日() ミライロ・リサーチ調べ

ガンツ不動産の遠隔での手話通訳サービスについて
ガンツ不動産では業界に先駆けて、6月8月末までの期間中、不動産仲介を行う店にて、遠隔での手話通訳サービスミライロ・コネクト」を試験的に導入します。同サービスは、ミライロが運営するもので、聴覚障のある社員が開発に携わりました。聴覚障者が店に来店した際、店に設置された端末と、手話通訳士が常駐するコールセンターオンラインで繋ぎ、不動産に関わる専門用リアルタイムで通訳します。

ミライロ・コネクトの活用例


ガンツ不動産×ミライロ 不動産における「ミライロ・コネクト」の導入発表会&セミナー
不動産業にめられるユニバーサルコミュニケーションや、手話や口話を通じた聴覚障者への向き合い方を、業界全体に広げていくことを的に、遠隔での手話通訳サービスデモンストレーション、ならびに聴覚障者が不動産仲介を利用する際の対応方法を学ぶセミナーを実施します。募で選ばれた一般の皆さまにも、無料でご参加いただきます。


<実施概要
◆日 時:2018年5月28日() 10:30~12:30(受付:10:00~)
◆場 所:天神ビル会議室11階(福岡市中央区天神2丁12番1号
◆参加費:無料
◆内 容:
第一部 ガンツ不動産とミライロの取組みに関して
10:30~10:50 概要ご説明
株式会社ミライ取締役社長 民野剛郎
株式会社ガンツ不動産 代表取締役社長 森田

10:50~11:15 遠隔での手話通訳サービスデモンストレーション
聴覚障のある方への対応の良い例と悪い例の実演
特別ゲスト:ヤバイ仮面株式会社悪の秘密結社)

11:15~11:25 質疑応答

第二部 聴覚障のある方へのコミュニケーション方法に関して
11:35~12:25 ユニバーサルコミュニケーション研修(途中退自由
講師:株式会社ミライロ 薄葉幸恵(聴覚障のある講師)
聴覚障者をめぐる社会の動きや、当事者が感じている課題、不動産事業者に使える簡易手話ワークなど

12:25~12:30 フォトセッション(受講者とヤバイ仮面、たねパンとの写真撮影)

◆お申込み方法
不動産関係の皆さま(先着20名様)……https://goo.gl/6vDSDQ
一般の皆さま(抽選5名様)……https://goo.gl/UWsVJi
※一般の皆さまの募集期間は、5月16日()~5月24日(木)です。
※当落発表は、5月25日()に、ご連絡先メールアドレスにてご連絡します。

配信元企業株式会社ミライ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ