ST7000線機が、空港での業務コミュニケーションに効率化と生産性を向上
・TETRAデジタルシステムへのアップグレードした効果がアンケート調でも明らか
・最も忙しい成田国際空港はさらなるシステム強化を計画中

2018年5月16日(ドイツベルリン)-年間3900万人以上の客数と、日本最大の際貨物取扱量を誇る成田国際空港では、日常業務の安全性と効率性を維持するために、常に高度な技術を採用することが不可欠です。この日本で最も忙しい空港は、1年前に高度なTETRAデジタル線通信システムを導入し、その優れた音品質、速な通話接続、大幅に拡されたカバレッジエリアにより大きな効果を得ています。

アップグレードされたMotorola Solutions製のシステムは、成田空港沖縄那覇空港において、安全で信頼性の高い通信を提供しています。この高度にスケーラブルで単一のシステムは、両空港において、警備、運行、手荷物の取扱いを含む空港での重要な通信機サポートしています。成田空港では地上スタッフが数多くのMotorola SolutionsのST7000 TETRA線機を活用することで、効率的に作業を行い、高品質のカスタマーサービス提供しています。ST7000 TETRA線機は、接客の最前線で働く成田空港カスタマーサービススタッフからの、簡単に使えて小さな線機が欲しいというに応えて開発されたものです。

全ての空港の裏側では、慎重に調整・確立された非常に複雑なプロセスがあり、客の流れの管理、航空機定時運行のサポート、そして安心と安全、顧客満足度を支えています。

成田国際空港では、MCAネットワークアップグレードが成功したことを踏まえて、今後新たな機追加を計画しています。TETRAシステムに導入可な機には、フィールド上のチームメンバーの位置を把握することができるスマートロケーションサービスや、スマートフォンタブレット、その他デバイスシーレスに接続するためのソフトウェアベースのプレストークサービスなどがあります。

日本空港サービス株式会社高橋社長は次のように述べています。「アップグレードされたネットワークと新しいST7000線機のパフォーマンスは、期待を大きく上回りました。空港の様々な日常業務では、信頼性が高くすぐに繋がる通信手段が不可欠です。アップグレードされたMCA線とスマートな新しい携帯線機は、空港で働く全員が安全で効率的な仕事をするには欠かせないものです。」

アンケート調が示すネットワークの成功
MCA線を使用している50える顧客企業から回収されたアンケートの結果によると、Motorola Solutionsのシステムによるサービスに対する全体的な満足度は95にも達しました。アンケート回答者は、ST7000 TETRA線機の満足度を90以上と評価し、気に入っている点として音品質、簡単に使えるデザイン、接続されるまでの時間、長時間のバッテリー寿命などを挙げました。Motorola Solutions副社長General Manager Asia and Japanのプラバカール ラジャゴパール(Prabhakar Rajagopal)は次のように述べています。「このソリューションの成功は、お客様の日々の業務ニーズを満たす事のできるテクノロジーを適切に選択し、お客様と綿密に連携しながら開発することで実現しました。非常に安全で信頼性の高い通信が必要な環境では、高度なTETRA線ソリューションの恩恵が受けられる可性が高いでしょう。高い耐久性を満たすものからコンパクトなデザインのものまで、異なる職種で働く様々な従業員のビジネスニーズを満たすために、様々な線ソリューションから選択することが可です。当社のST7000線機は、お客様と接している従業員や経営者、または高い耐久性、音品質、洗練されたデザイン線機が欲しい方など、全てのお客様のニーズに応えます。」


モトローラ・ソリューションズについて】
モトローラ・ソリューションズ(NYSE:MSI)は、機関企業による安全な都市、発展するコミュニティーの構築に必要な、ミッションクリティカルな通信ソリューションを開発しています。詳しくは、www.motorolasolutions.com/ja_jp.htmlをご覧ください。

配信元企業Motorola Solutions Inc.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ