【元記事をASCII.jpで読む】

アフリカで普及する中華スマホ

 2017年の中国のスマホメーカーの出荷台数は、トップがおなじみ「ファーウェイ」の1億5341万台、2位が中国や東南アジアなどでシェアを拡大し、日本にも進出した「OPPO」の1億1620万台となる。

 3位は、OPPOに僅差で「伝音」というメーカーが1億1250万台で続き、4位が「小米」(シャオミ)で9807万台。5位が「vivo」で9270万台、6位が「レノボ」(含モトローラ)の5238万台、7位が「ZTE」(含Nubia)の4265万台となる(旭日大数据調べ)。

 中華スマホに関心を持つ人は、聞いたことがあるメーカーばかりだろう……伝音というメーカーを除けば。

 IDCによる世界的なスマートフォン出荷台数と合わせれば、伝音はサムスン、アップル、ファーウェイ、OPPOに続く、第5位のスマートフォンメーカーとなっている。

 ところが、中国市場では中国人にして「なんでも売っている」と言われる「淘宝網(Taobao)」を含めて一切売っておらず、入手は極めて難しい。

 この謎の伝音(Transsion Holdings)というメーカーは深センにある。

 そのほとんどがアフリカに出荷され、若干フランスやアラブ首長国連邦(UAE)やインドなどに出荷されている。

 メーカーやOSシェアなどがわかるstatcounterによると、たとえば1億9000万人というアフリカ最大の人口を抱えるナイジェリアでは、伝音は38.71%のシェアを獲得し、続くノキア(8.72%)、サムスン(8.66%)を大きく引き離している。

 伝音はTecnoInfinixItelの3ブランドがある。それぞれにブランドサイトが別々に用意されており、各サイトで英語の製品ラインアップを見ることができる。

 各サイトのデザインは、中国メーカーのサイトでよくありがちなものだが、中国語版が用意されておらず、中国メーカーだと気づかない人も多いだろう。

 そんな入手が難しい伝音のスマホだが、アフリカで2番目に人口の多いエチオピアという国を訪問した筆者の知人から「伝音のスマホを買ってきましょうか」というありがたいお声がけがあり、代わりに購入してもらった。

中国メーカーのアフリカ産スマホ「CamonCX」
なんとメイド イン エチオピア!

 入手したのは写真撮影に強いTecnoブランドの「Camon CX」という5.5型ディスプレーのモデル。メタルボディーの本体サイズは幅75.8×奥行き5.6×高さ152.8mmで、重さは169g。よくある今どきのスマートフォンの大きさであり重さである。

 スペックは1080×1920表示が可能な5.5型IPS液晶、CPUはMediaTek製MT6750(オクタコア 1.5Ghz)、2GBメモリー、16GBストレージ、4G対応DualSIM、microSDXCスロット、指紋センサー、3200mAhバッテリー(急速充電対応)、カメラ画素数はリア・インともに1600万画素、OSはAndroid 7.0ベースの「HiOS」というカスタムROMとなっている。

 値段は5700ETB(約2万2430円)であり、日本で購入する同クラスのSIMフリースマホよりも高めだ。

 パッケージは黒一色にブランド(TECNO)と製品名(Camon CX)と3ヵ月保証が書かれたシンプルなもので、中には添付品として、専用ケース、USB変換アダプター、USBケーブル、イヤフォン、説明書、保証書がついている。

 説明書と保証書は英語に加え、エチオピアで使われているアムハラ語の2ヵ国語で、電話のかけ方やSMSの送り方など初心者向けの情報を中心に書かれている。

 筆者が中国でスマートフォンを購入し、開封して取り出す感覚と同じ感覚をこのアフリカ向け製品でも感じた。違和感がないのである。

 本体を取り出すと、本体の表面、裏面両方に製品の各箇所の説明が書かれた保護シールがある。

 裏面ではメイドインエチオピアの文字が……。伝音のサイトを見ると、エチオピア工場の写真があるので本当にそうなのだ。アフリカ産のスマホなのだ。

中国アプリとアフリカのアプリが初期導入済み

 ハードウェアはエチオピア産という以外はごくごくスタンダードである。そこでソフトウェアを中心に見てみる。

 初期状態では英語だが、カスタムROMの「HiOS」セットアップの途中で中国語ほか、アフリカ各地の言語にも変更が可能。日本語の設定はない(SimejiやWnnなどのインストールは可能だ)。

 また、指紋設定など初期設定を行なう中で、国と都市の選択をするが、これまた選べるのはアフリカや中東諸国ばかりであり、中国はない。

 とはいえ言語設定を中国語にすると、中国製カスタムROMらしく違和感のない中国語が画面に表示され、新しい中華スマホのように触ることができる。

 中国メーカーの製品とはいえ、GoogleやGmail、GoogleMap、YouTubeのほか、FacebookやInstagram、WhatsAppがプリインストールされているので、さまざまなアプリを後からインストールするのは難しくはない。

 加えてデフォルトでユーティリティーアプリ「手机大師」、英中入力アプリ「触宝輸入法(TouchPal)」、ブラウザーの「鳳凰閲覧器(フェニックスブラウザー)」といった中国のアプリと、伝音のサポートセンターのアプリ、ユーザーコミュニティー掲示板アプリがインストールされている。

 ユーザーコミュニティーアプリに関しては初期設置でナイジェリアやエチオピアなどの国と購入機種やサッカーなど関心分野を設定することでスレッドを絞って表示できる。またユーザーに向けたキャンペーン情報も掲載される。

 さらに、アフリカ向けローカライズのプリインストールアプリとして、アフリカ各国の音楽が聴けてミュージックビデオが見られる「Boomplay」や、ケニアなどで展開されているECアプリ「Packsell」、ナイジェリアやケニアなどアフリカ発のニュースアプリ「Eagleee News」なども導入されている。

 そのほか、(各種サイト情報によると)ナイジェリアなどで人気となっているというSNSアプリ「PalmChat」やナイジェリア発のアフリカ向けアプリストア「Palmstore」、エチオピアのアムハラ語入力アプリ「fynGeez」、エチオピア商業銀行のモバイルバンキングアプリ「Commercial Bank of Ethiopia」もインストールされている。

 補足すると「Packsell」と「Commercial Bank of Ethiopia」は、現地の電話番号で登録する必要があり、海外の電話番号では閲覧すらできない。また「Palmstore」を活用すれば、Google関連のアプリやFacebookなどのインストールやアップデートが本来できない中国でも可能となる。

 触ってみた感想は、ハードウェアとしては一般的な中華スマホではあり、カスタムROMもデザインが中国製品らしく、異文化感はないのだが、とはいえプリインストールアプリは中国の押しつけはない。

 それでいて未経験のアフリカ各国の音楽が聴けて、アフリカのアプリを知り、掲示板からスマホ事情を知るきっかけとなる面白いスマートフォンだと感じた。

 アフリカ各国向けの設定が可能で、アフリカ各国向けアプリがインストールされていて、購入者による交流掲示板が用意されていて、コンサートなどの購入者キャンペーンも行なわれている。

 統計によるとアフリカ各国でノンブランドの山寨スマートフォンが流通しているそうだが、伝音製品はそれより値段が少々高くても魅力的に映るのではないだろうか。


アフリカで大躍進! 世界5位の中華スマホメーカー「伝音」のスマホを入手