株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、 『磯野家の危機』を2018年5月18日(金)に発売します。

 本書は、1990年代に200万部超の大ベストセラーとなった『磯野家の謎』シリーズの著者「東京サザエさん学会」の四半世紀ぶりの新刊です。日本の家族の代表・磯野家と、平成30年の現代日本とのギャップを社会学的視点
から徹底検証しています。
 磯野家では、いまだに黒電話や二槽式洗濯機、ブラウン管テレビなどを使用しており、現代日本の生活からは大きくかけ離れた生活がうかがえます。そんな磯野家の暮らしが、現代までにどのように変容したか、そして、ゆくゆくはどうなるのかを、全52項目のテーマで考察。近年、SNSで話題となっている登場人物の年齢や学歴など『サザエさん』の雑学的要素も多く含んだ内容となっています。
 著者の「東京サザエさん学会」は、1981年に設立された東京在住の教員・編集者・学生数人による『サザエさん』を中心とした長谷川町子作品の研究団体です。代表者は慶應義塾大学名誉教授の岩松研吉郎氏で、1992年に出版した『磯野家の謎 「サザエさん」に隠された69の驚き』(飛鳥新社)は、一大ブームを巻き起こしました。
 当時『磯野家の謎』を読んだ方はもちろん、『サザエさん』が好きな方、『サザエさん』の雑学に興味がある方など、『サザエさん』を一度でも見たことがある、全世代の方に楽しんでいただける一冊です。
 
 宝島社は、企業理念「人と社会を楽しく元気に」のもと、今後もより多くの方に喜んでいただけるコンテンツを
企画開発・提供してまいります。


「磯野家」と「現代の日本」を徹底検証! 全52項目の一部を紹介
【移住】 磯野家は元福岡県民!将来はカツオが一家を率いて戻る!?
【年齢】 中年の定義が激変!波平は出川哲朗、フネは石田ゆり子と同い年!?
【結婚】 サザエ夫婦のようなお見合い結婚は全体の70%→5%に激減
【経済】 磯野家は庶民なのに土地だけで2億円の資産!?
【給料】 波平は年収一千万円超えか?一方マスオは薄給で今後は共働き濃厚!?
【電話】 磯野家の黒電話がスマートフォンに変わる日
【服装】 波平とマスオが着る服は百貨店からユニクロに!?

配信元企業:株式会社 宝島社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ