スイスの高級腕時計ブランドウブロ」が5月16日()、東京表参道ヒルズで「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」開催記念イベントを2部形式で開催。

【写真を見る】シュートチャレンジで右足を振り抜き、見事にゴールを決めた高梨臨さん

第1部では、サッカー日本代表本田圭佑選手がゲストで登場。FIFAオフシャルウォッチビッグ・バン レフェリー 2018 FIFAワールドカップ ロシアTM」をお披露した。

この「ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFAワールドカップ ロシアTM」は6月に開催される2018FIFAワールドカップ ロシアTMの試合中に、レフェリーが実際に着用するウブロ初のスマートウォッチで、サッカー用に特別に開発されたアプリを搭載。ダイアル上には、試合中の得点、カード数、得点した選手の名前、選手交代、試合時間などの

データリアルタイム表示され、さらにゴールが決まるたびに即座にバイブが振動し、「GOAL」の文字ディスプレイされるといった機も。

時計好きとして知られる本田選手は、FIFAオフシャルウォッチを実際に着用し、「最初見たときに、レフェリーがこんなに重い時計を付けるのかと驚いたんですが、いざ付けてみると、とても軽く扱いやすいです。ウブロから初のスマートウォッチを発売するのは意外でしたが、すごくチャレンジングなことだと思っています」と感想を口にした。

MCから本田選手に憧れのサッカー選手レジェンドについて質問が飛ぶと、本田選手は「レジェンドペレです。物心つき始めたとき、父親映像ワールドカップの試合を見せられました。当時はプレーのすごさは分からなかったんですが、子どもながらにとにかくペレの動きだけはすごいとわかった。この経験がワールドカップそうと感覚的に感じ始めたきっかけだった」と思い出をった。

さらにイベントでは、ウブロのSNS上で事前募した質問の中から「対戦した選手の中で一番すごかった選手はですか?」という質問を投げかけられると、「いろんな選手と対決しましたが、か1人と言われると”メッシ”。メッシボールロストはとても多いんです。ただ、失敗した後の振る舞い、この部分が他の選手と圧倒的に違いますね。その部分を学んでいます」と回答。続いて、「制約がなければ、どこのプレーしたいですか?」という質問には「ワールドカップが終わるまでは、何も意思決定しないと決めていた。ここで何かを発言することで自分の決意を揺るがしたくはない。ただ、せっかくなので一つだけ言いますと、日本ではないです」とり、自らの進退を初めて多くの取材の前でった。

ワールドカップ日本は何位になると思いますか?」という最後の質問に対して、「確率論で見ると、予選敗退と思うでしょう。サッカーは9秒台で走れなくても勝てるのが面い。海外チームを美化しすぎず、相手の嫌なところを狙って、勝つ可性を高めるようにすること。は出る以上、優勝をしています」と強くコメントした。

イベントの最後に、「まだ最終メンバーは決まっていないですが、自分はもちろん勝つつもりで準備しています。

引き続き、応援をよろしくお願いします」と強いコメントを口にし、イベントの第1部を締めくくった。

続いて第2部では、サッカー日本代表西野監督、元サッカー日本代表前園真聖さん、女優高梨臨さんが登場。3者でロシアワールドカップにまつわるトークセッションを繰り広げた。

MCから西野監督へ「まもなくワールドカップですが、(日本代表監督になって)どのようなお気持ちでしょうか?」との質問が飛ぶと、西野監督は「21日からのキャンプチェックしなければいけない選手がいます。選んだ選手がしっかり良い状態でキャンプに入ってくれることを願うばかりです」と回答。アトランタ五輪西野監督と共闘し、“マイアミの奇跡”を起こした前園さんは「はあの時(アトランタ五輪)、一度キャプテンを断ったんですが、西野監督がプッシュしてくれたのでやろうと

思ったんです。あの時と、西野監督は体が全く変わってなくてすごいですね」と当時を振り返った。

西野監督は身に着けているサッカー日本代表オフシャルウォッチビッグ・バン ブルー ヴィクトリー」の感想をめられ、「アトランタの時、秒針がない時計で残り時間の確認でハラハラしたので、今回はなさそうでうれしいです」と答えたところ、前園さんが「秒針ありの時計を使ってくださいよ(笑)。ただ、が代表の時はなかったので、今の代表選手やチームがとてもうらやましいですね」と続けた。

MCから「サムライブルー浦和レッズ赤色が散りばめられた素敵なドレスですね!これは西野監督への槙野さんのアピールととらえても良いですか!?」と投げかけられた高梨さんは「そうなればうれしいですね(笑)」と答え、今年2月結婚した槙野選手の日本代表選出をアピール。この姿に、西野監督もタジタジの表情を見せた。

トークセッション後には、サッカー日本代表の勝利を祈願した「VICTORYシュートチャレンジ」を開催。まずは前園さんがお手本を見せるかと見せかけて、西野監督ボールを当てるサプライズ。会場の笑いを誘った後、仕切り直して、前園さんがしっかりとゴールを決め、その後、高梨さんも強くボールを蹴りこみ、見事ゴールを決めた。その様子を見た西野監督は、「槙野から右足を教えてもらっていますね。左足も上手くなってくださいね」とっ気たっぷりにった。

イベントの最後にロシアワールドカップへの意気込みを聞かれた西野監督は、「日本チームらしいプレーをして、日本サッカーを選手とを結集して表現したいと思っています。応援よろしくお願いします!」と答え、イベントを締めくくった。(東京ウォーカー(全版)・浅野祐介/ウォーカープラス編集長)

W杯への思いを語った本田圭佑選手