歌手西城秀樹さんが5月16日、急性心不全のため亡くなった。63歳だった。

広島県出身の西さんは、高校時代に上1972年に「する季節」でデビューし、その後、大ブレイク郷ひろみ野口五郎と共に“新御三家”と呼ばれ、昭和の歌謡界をった。

代表曲は「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」「ギャランドゥ」「走れ正直者」など。

2003年脳梗塞を発症。リハビリを経て復帰したが、2011年に再発。右半身麻痺の後遺症が残り、近年はリハビリとの闘いが続いていた。