埼玉西武ライオンズは「西武ライオンズ」の40周年を記念し、6月1日)から始まるセ・パ交流戦期間中にフィールドトークショーを開催。往年の“レジェンドOB”がメットライフドームに集結する。

交流戦初戦となる1日の阪神タイガース戦では、ライオンズOBの石毛宏典と、1985年日本シリーズで対戦したタイガースOBの掛布雅之が来場。虎党が初優勝に歓喜した伝説シリーズを振り返る。

イベントでは当時のエピソードなど、ここでしか聞けないトークが展開される

イベントでは当時のエピソードなど、ここでしか聞けないトークが展開される

続く6月13日)の東京ヤクルトスワローズ戦には、西武ライオンズ初年度(1979年)から2年間チームに在籍し、1992年1993年にはスワローズ監督として日本シリーズで名勝負を繰り広げた“ノムさん”こと野村克也が登場する。

さらに、6月17日(日)の中日ドラゴンズ戦では、1988年日本シリーズで対戦経験を持つ、ライオンズOBの笘篠治とドラゴンズOBの山本昌トークショーに参加する。いずれも古くからの野球マニアにはたまらない人選となっており、充実のトークイベントになるはずだ。

ライオンズは今回の交流戦だけにとどまらず、シーズンを通して、栄歴史に名を刻んできた名プレーヤーたちを招集している(※)。憧れの”レジェンド”に会いに、メットライフドームへ足を運んでみよう。

(※詳細は球団公式サイトへ)

6月1日から始まるセ・パ交流戦にて、「西武ライオンズ」の歴史を彩ってきた”レジェンド”がメットライフドームに集結する