アサカメラ2018年6月号」(5月19日発売)では、昨年から1年にわたって掲載された人気シリーズ写真好きのための法律マナー」の「シーズン2」がスタート。記念すべき第一回は<「モデル撮影」契約準備マニュアル>。ズバリ、モデルと撮影者のトラブル回避法です。
本号の巻頭グラビア荒木経惟さんの新作「散歩」。巻頭特集は「カメラ進化と最新機写真表現の基礎知識2018」です。

人物撮影は写真モデルによる共同作業。吽の呼吸はもちろんのこと、微妙な緊関係も含めた意思疎通が作品に如実に表れるものです。ところが、ちょっとした意識や認識のズレ、お互いの環境の変化で作業どころか、人間関係が破綻する可性もあります。これはアマチュア世界に限ったことではありません。プロ写真世界でも起こることなのです。

人間同士話せばわかるところもありますが、記事でも出てくるようにどうしても「認識のズレ」は生じるもの。そこで今回の特集では、撮影会などで活躍する女性モデルのホンネ、モデル撮影を楽しむアマチュア写真の取り組みをクローズアップしつつも、撮影や写真使用にあたってモデルと撮影者はどんな約束事を交わしておけばいいのかについて、三聡史弁護士から実践的なアドバイスをいただきました。

は三弁護士監修の「撮影・写真使用に関する確認書」。撮影の条件はもちろん、撮影された写真をどの範囲(写真展?コンテストSNSホームページ?)で使うのか、いつまで使っていいのかなどを記入するだけで、契約書代わりになるスグレモノのシートです。このシートを使えば、モデルと撮影者の用なトラブルを避けられます。モデル撮影会のみならず、で人物撮影をする方は必携のマニュアルです!
※実際の誌面に、ぼかしは入りません

【編集後記より~編集長の言葉~】

シリーズ企画写真好きのための法律マナー」が再始動。今回はモデルと撮影者が良好な関係を築くための「決めごと」について、三聡史弁護士による実践的なアドバイスを紹介しています。実践的であることは、が本誌をつくるにあたって最も大切にしていることです。写真断使用問題や路上スナップの肖像権問題でもそうでしたが、事実関係を十分に調べもせずにかの責任を追及したり、論評したりするだけでは何も前に進みません。この時代、撮影者はいかに振る舞うべきか。この問いに答え続けるのが、本誌の本懐だと考えています。
(編集長・佐々木広人)
なお、アサカメラ6月号の巻頭グラビア荒木経惟さん新作「散歩」で、巻頭特集は「カメラ進化と最新機写真表現の基礎知識2018」です。カメラ進化歴史は「小化と自動化」の歴史でもあります。カメラにもAIが導入されつつある現在、撮影に手間をかければいい写真が撮れる時代ではなくなりました。努や苦労が評価される時代でもなくなったわけです。ニエプスが世界で初めての写真撮影に成功してまもなく200年。これからはどんな写真が評価される時代になるのか。みなさんも一緒に考えてみてはいかがでしょうか。

アサカメラ 2018年 06
定価:900円(税込)
発売日:2018年5月19日
https://www.amazon.co.jp/dp/B07CBLSF3K/

配信元企業株式会社朝日新聞出版

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ