ナイロン100℃の新作演『睾丸』のビジュアルとケラリーノ・サンドロヴィッチのコメント開された。

今年で結成25周年を迎えたナイロン100℃。25周年を記念する第2弾演となる『睾丸』は、複雑な過去を持つ2人の男を巡る「男くさい人間ドラマ」になるという。キャストには三宅、みのすけらナイロン100℃の劇団員が名を連ねているほか、坂井真紀根本宗子、安井が客演。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチが手掛ける。同作は7月6日から東京池袋東京芸術劇場 シアターウエストで上演。

ラリーノ・サンドロヴィッチは、チラシコメントで同作の設定について「ナイロン100℃、25周年記念演の第2弾をお贈りする。だからというわけでもないが、25年前=1993年を時代設定にしたいと、今のところ考えている。1993年25年ぶりに再会した二人の男と、彼らの家族物語」「厳格な父親の叱を浴びながら育った男が、かつての盟友に会ってたいそう幻滅するお話だ」と述べている。

あわせて開されたビジュアルには人体模型や「手」のイラストと共に、一列に並んだ出演者の姿が写し出されている。

東京演後には新潟宮城福島演を実施。7月31日から新潟りゅーとぴあ 新潟市芸術文化会館 劇場、8月4日宮城仙台のえずこホール8月11日から福島いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場で上演される。東京演のチケットは5月26日から一般販売。

『睾丸』ビジュアル