小説「虚栄の火」やノンフィクション「ザ・ライトスタッフ」を執筆した作家ジャーナリストトムウルフさんが、ニューヨーク内の病院で亡くなった。87歳。ウルフさんのエージェント、リンネスビットが ABC News に伝えたことで明らかになった。

 ウルフさんは、1931年ヴァージニア州リッチモンド生まれ。ワシントンアンド・リー大学を経て、ニューヨークジャイアンツピッチャーテストを受けるが不合格となる。その後、イェール大学アメリカ研究を学び、アメリカ作家についての卒論を書いている際にリポーターの活動を始める。

 そして、ワシントンポストニューヨークヘラルド・トリビューンなどで活動しているときに、ニュージャーナリズム(客観性を捨てて、取材対者に積極的に関わり合うこと)を確立した。その間に小説ノンフィクションを書いていたが、注されたのは「虚栄の火」や「ザ・ライトスタッフ」だった。サブカルチャーや現代芸術にも長けていて、ニュース番組や情報番組などに出演することもあり、その際にトレードマークスーツを着て番組に出演することが多かった。(細木信Nobuhiro Hosoki)

ご冥福をお祈りします。 - “ウルフ”の杖を持つトム・ウルフさん(写真は2017年10月に撮影) - Gary Gershoff / WireImage / Getty Images