2試合連続で「2番・DH」でスタメン出場

 エンゼルスの大谷翔平投手が16日(日本時間17日)、本拠地でのアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場した。前日に続き2番に座ると、初回の第1打席は空振り三振、4回の先頭打者として立った第2打席目は二ゴロに倒れ、6回の第3打席も空振り三振。9回、先頭打者として立った第4打席も空振り三振に終わった。

 この日のアストロズは、メジャー通算188勝、2011年にはMVPとサイ・ヤング賞をW受賞しているジャスティン・バーランダー投手が先発。メジャーを代表する右腕との初対戦となった大谷は、初回の第1打席では内角低めへのスライダーに空振り三振に倒れた。

 2点ビハインドで迎えた4回の第2打席は、1ボール2ストライクからの5球目、外角の逃げていくチェンジアップで二ゴロ。6回2死での第3打席は2ボール2ストライクからの6球目、156キロの外角高めの真っ直ぐに空振り三振を喫した。
 
 9回の先頭打者として、この日の4打席目に立った大谷。この回もマウンドに上がったバーランダーの前に、2ストライクからのストレートで空振り三振。3球三振に終わり、2度目の1試合3三振となった。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】