オイシックスドット大地は5月17日、家事に関する意識調査の結果を発表した。調査は4月11日~13日、一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の20代~50代の有職女性394人を対象にインターネットで行われた。

「家事が仕事よりつらい」と思う瞬間はあるか聞いたところ、「毎日のようにある」(28.2%)、「時々ある」(48.2%)、「ない」(23.6%)という結果に。約8割が「家事が仕事よりつらい」と感じていることがわかった。

その理由は「同じことが毎日繰り返されるから」(59.1%)、「終わりがないから」(53.5%)、「休みがないから」(52.5%)、「時間がないから」(44.9%)、「お給料が出ないから」(42.4%)、「家族から感謝されないから」(37.9%)、「体力を使うから」(31.6%)など。

家事の中で「つらい」と思うものを聞くと、「掃除をする」(56.9%)、「料理づくり」(51.0%)、「片付けをする」(45.7%)などが上位にあがった。「ちゃんとしたい」と思うものでは、「料理づくり」(65.0%)、「掃除をする」(60.9%)、「片付けをする」(51.5%)という結果になった。

「つらい」が「ちゃんとしたい」と思われている料理について、つらい理由を聞くと、「作るのが大変」(64.5%)、「時間がない」(40.3%)、「献立が決まらない」(40.1%)という声が多く集まった。

画像提供:マイナビニュース