シニア「年齢制限」の17歳以上引き上げ案、来月の総会で話し合われることに

 国際スケート連盟(ISU)は16日、6月4日からスペインのセビリアで行う総会の主な議題を発表。注目されるフィギュアスケートでは、シニアの「年齢制限」の引き上げが最重要提案として上がったという。米メディアが伝えている。

 米専門誌「IFSマガジン」によると、「今回の会議で重点を置かれた最重要提案の一つは、シニアの年齢制限だ」とレポートしている。

「規定が17歳まで引き上がることが決定したとしても、2020-21シーズン以降の導入となる。フィギュアスケートは冬のスポーツでは圧倒的に若い年齢層がシニアに在籍する競技だが、男女ともに17歳からのシニア参戦と統一する提案がなされている」

 シニアの年齢制限を、現行の15歳以上から、17歳以上に引き上げるかどうかが議題になるという。また仮に正式決定したとしても、実施されるのは3シーズン後の2020-21シーズン以降になるという見通しも伝えている。

「理由としては、フィギュアはバランスの整ったプログラムを披露する成熟したスケーターを輩出していく必要性を感じている。メディアや観衆は、選手を”アイドル”として扱いたがる現状がある。これはそのような競技のイメージの改善にも繋がる」

「成熟したスケーターを輩出していく必要性を感じている」

 2月の平昌五輪では15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が優勝。エフゲニア・メドベージェワ(同)は16歳で世界選手権を制した。若き才能に脚光が当たる一方で、ミッシェル・クワン、浅田真央、ネイサン・チェンらを指導した名コーチ、ラファエル・アルトゥニアン氏は、ロシアメディアの取材に対し、年齢制限が18歳まで引き上げられるべきだと主張していた。

「若いスケーターは、成熟するまでに、より難しい要素を取り入れ披露することができる。そのため、シニア大会で若いスケーターと競うことができなくなってきていることを懸念しており、実際に最近はシニアのスケーターが減少してきている」

 同メディアは議論の背景をこう説明している。年齢制限の引き上げが、スケーターがキャリアを長く続けられることにもつながるとしている。

 今回とは逆のケースだが、2006年のトリノ五輪に浅田真央が出場できないことでも話題を集めたシニアの年齢制限問題。6月の総会での正式決定に大きな注目が集まっている。(THE ANSWER編集部)

ザギトワ&メドベージェワ【写真:Getty Images】