言わずと知れた江戸時代大人絵師 葛飾北斎。北斎の代表作をあげるときりがありませんが、全46図からなる風景画の物「富嶽三十六景」は日本のみならず海外でも広く知られています。

北斎は浮世絵作品の他にも、絵の南書(絵手本)として刊行したスケッチ画集も数多く手がけていました。その代表的なものに、有名な「北斎漫画」があります。ちなみに北斎漫画は鍬形蕙斎(北尾政美)の略画式シリーズを参考にしたと言われています。

南書として北斎が描いた作品には、そのほかに「略画早指南」というその名もズバリの指南書も描いたりしていますが、今回紹介するのは、同じく北斎が南書として描いた作品「伝神開手 一筆画譜」です。


「伝開手 一筆画譜」はタイトルからもわかるように、人物や動物を一筆で描く方法を南したスケッチ集。武士子供などなど、一筆書きで描かれています。


描かれた人物の所作は一筆書きにも関わらず見事に表現されており、現代でも普通南書として活用できるのではないでしょうか。

それでは、葛飾北斎南書として描いた「伝開手 一筆画譜」をどうぞ!

葛飾北斎「伝神開手 一筆画譜」を見る

 
関連画像