安倍晋三首相5月16日に開かれた第7回人生100年時代構想会議で、65歳をえても働き続けられるような制度の検討を厚労省示した。安倍首相は現状の高齢者について「知的も高く、65歳以上を一に高齢者と見るのは、もはや現実的ではない」と述べ、

「高齢者の働く機会は年功序列的な一の処遇ではなく、成果を重視する評価・報酬体系を構築することで広がっていく。これらの取組みにより、65歳以上の将来的な継続雇用年齢の引き上げに向けて環境整備を進めていく」

という方針を明らかにした。

「若者の働く枠が減る」と懸念する人もいるけど……


選択肢として機能するのでしょうか。

2013年に、内閣府が全60歳以上の男女3000人を対に実施した調査によると、「65歳をえても働きたい」と答える人は7割に上っている。また、2016年三菱UFJリサーチ&コンサルティングが全40歳以上の男女に実施した調査では、高齢者就労に関してが取り組むべき施策として最も多く支持されたのは「企業65歳以上の人を雇用するインセンティブ作り」(39.1)だった。

こうした調を踏まえると、65歳以上でも働ける制度の構築は、実状に即しているとも捉えられる。しかしネットでは、年金制度への不安からか、方針に反対する意見が立つ。

毎度まいことを言うけど本音は年金支給の先送り制度でしょ?成果報酬となれば多くの業種で高齢者は不利」
「今の60代なんてまだまだ若いけど、死ぬまで働けって感じで怖いわ」

高齢者の雇用を確保することで、「ますます若者の働くが減るな」と心配する人もいた。

安倍首相会議の中で「92歳でクラウドファンディングお金を集めた人、マレーシアでは92歳で首相になった方もいる」と高齢者の活躍例を挙げ、

「言わば、そういう人がを発揮していくということが、地域にとっても社会にとっても、そのにとっても、正にメリットになっていく。1人でも中高年の中途採用経験がある企業は、2人以降の採用にも積極的になる傾向があるため、高齢者のトライアル雇用を促進する方策を進めていく」

としている。