2試合連続でトラウトとの1、2番を形成も4打数安打3三振

 エンゼルス大谷翔平投手が16日(日本時間17日)、本拠地でのアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場バーランダー相手に5月初めての3三振を喫するなど4打数安打に終わった。チームは0-2で敗れ連敗となった。

 この日のアストロズ先発メジャー通算188勝、2011年にはMVPサイヤング賞をW受賞しているジャスティン・バーランダーメジャーを代表する右腕との初対戦となった大谷。初回の第1打席は内低めのスライダー空振三振に倒れる。

 2点ビハインドで迎えた4回の第2打席では外チェンジアップを引っ掛け二ゴロ。6回2死での第3打席は156キロの外高めのっ直ぐに空振三振に倒れた。

 エンゼルスは2点を追う8回に1死二、三塁とチャンスを作ったが代打バルブエナが見逃し三振トラウトが投ゴロに倒れ得点を奪えず。そして9回。大谷は先頭で迎えた第4打席は3球三振に倒れ、今季2度の1試合3三振となった。

 この日、2試合連続でトラウトと1.2番コンビを形成した大谷サイヤング賞右腕のバーランダー撃ちに期待がかかったが2三振を喫するなど、5試合ぶりにノーヒットに終わった。4打数安打に終わり打率は.325となった。(Full-Count編集部)

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】