シーメンスは、業務用3Dプリンティングのための設計、エンジニアリングに関する専門知識、デジタル・ツール、製造サービスへのオンデマンド利用を世界中の製造業に開放するオンライン・コラボレーション・プラットフォーム「Additive Manufacturing Network」の運用を開始したことを発表した。

同プラットフォームは、アディティブ・マニュファクチャリングに伴うリスクを全面的に低減しつつ、世界中の製造業に新しいビジネス・チャンスを創出するもの。ナレッジの流通を加速させるだけでなく、高品質な機能プロトタイプや実使用可能な部品を調達するための商取引と商業プロセスの効率化、モニタリング、セキュリティーの確保を実現しているという。

また、資格を有するメンバーへのアクセスを瞬時に可能にして、アディティブ・マニュファクチャリング向けの最新ソフトウェア・ツールやプリンティング技術、プリンティング材料を使った新製品の共同革新と実現を支援するオープン・エコシステムを提供するという。さらに、部品の買い手と製造サービス・プロバイダーの双方が、効率的なコラボレーション、見積り、調達、注文のモニタリング・プロセスを通してメリットを享受できるので、アディティブ・マニュファクチャリング用の製品設計や、物理的な在庫からデジタル在庫への移行、必要に応じて無駄のない3Dプリンティング生産のスケールアップとスケールダウンを容易に実現することができる。

今回、同プラットフォームでは、設計者、エンジニア、製造サービス・プロバイダー、3Dプリンタ・メーカー、材料ベンダー、ソフトウェア・プロバイダーが新しいエコシステムに参加できるアーリー・アダプター・プログラムが開始された。同プログラムでは、新しいパートナーの申し込みを受け付けており、詳細および参加については同社Webページで案内されているということだ。
(シマダマヨ)

画像提供:マイナビニュース