戦時中、帝国海軍徴として人気を集めた戦艦長門」。日本一撃沈を免れて戦争を生き抜いた戦艦であり、戦後アメリカに接収されて、ビキニ環礁での核実験の標的艦として沈んだことは知られていますが、海底に眠る今の様子を伝えたいと、水中写真の戸村裕行さんがその資クラウドファンディングで募っています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 いわゆる「八八艦隊」のとして建造され、1920年の完成当時世界最大だった45口径41cm、26.5ノットの快速で、姉妹艦の陸奥とともにアメリカイギリス戦艦と「ビッグ7」と謳われた戦艦長門大和軍事機密として一般に秘匿されたため、終戦まで帝国海軍を代表する戦艦として親しまれていました。1945年7月18日横須賀襲で艦が破壊され、当時の大塚艦長らを失いはしたものの、終戦まで一生き延びた戦艦でもあります。

 終戦後、進駐してきたアメリカ軍に接収され、1946年にアメリカ核実験クロスロード作戦」の標的艦として、マーシャルビキニ環礁の実験場へ航された長門7月1日中投下実験エイブル」ではほとんど傷だったものの、7月25日水中爆発実験「ベイカー」では損傷を受け、4日後の7月29日面から姿を消していることが確認されました。

 今回クラウドファンディングを実施している戸村裕行さんは、2011年ごろから世界各地の海底に眠る太平洋戦争大東亜戦争)に起因する日本の沈船、航空機潜水艦などを自ら潜って撮影し、ミリタリー総合誌「丸」などに寄稿している水中写真。これまでにトラックチューク)諸海底に眠る特設潜水母艦「安丸(横浜港に保存されている氷丸の姉妹船で、戦前シアトル航路最終航の後、軍に徴用されたもの)」、徴庸船「桑港丸(川崎造船所で作られ、際汽船、山下汽船で使用)」、神風型駆逐艦「追」、艦上攻撃機山」、九五式軽戦車パラオに眠る白露型駆逐艦五月雨ゲーム艦隊これくしょん」でプレイ開始時に選べる初期艦としても知られる)」などを撮影し、紹介しています。中には「下駄履き零戦」として知られる二式水上戦闘機の残骸を撮影したものもあります。



 2018年1月20日4月22日の期間、横浜にある日本郵船歴史博物館で「グランブルーの静寂~もうひとつの氷丸~」という展覧会も開いた戸村さんですが、6月15日から東京都内で開催予定の展覧会に合わせ、2018年6月末にビキニ環礁に眠る「長門」を訪ね、現在の様子を撮影したいとのこと。撮影後はできるだけ速やかに展示替えを行い、その撮影内容を展示して「長門のいま」を紹介する予定といいます。この展覧会は、全いくつかの都市を巡回する機会も設けたいという考えもあるとか。


 プロジェクトタイトルは「戦艦長門70余年、ビキニ環礁に眠る艦船たちの“現在”を写真に。」。額は150万円で、オーツ・オア・ナッシング形式のため、額に達しなかった場合はプロジェクト中止となり、支援者全額されることになります。支援者には限定のミニ写真集など、各種リターンを用意しているとのことです。

 クラウドファンディング「Readyfor」で、2018年6月22日23時まで実施中。2018年5月17日の13時現在65万円の支援額が集まっています。

情報提供OCEAN PLANET

(咲村珠

戦艦長門の「いま」を紹介したい 水中写真家がクラウドファンディング