中国市場を牽引するECサイト東商ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する大手EC&小売インフラカンパニー東集団(ジンドンしゅうだん)(代表:強東 本社:中華人民共和国 北京 NASDAQ:JD)は、2018年5月8日2018年第1四半期の業績を発表しました。

 今期発表では、米国会計基準(GAAP)の基準下で純利益が15億2490万人民元(約259億2,330万円)、調整後利益(NonGAAP)においても10億4740万人民元(約178580万円)と、8期連続での黒字となりました。第1四半期の売上は、前年同期33.1増の1001億元(約1兆7,017億円)と市場予測よりも高く、また、サービス純利益も同様に前年同期60増と大幅に成長しました。

 これら成長率について、米国をはじめ世界の投資銀行から多数の評価を頂戴しております。今後のサービス業や東が提唱する「界小売※」の概念の定着により、今後も高い成長率を維持すると予測され、高い「投資ランク」評価をいただきました。

 今後も東集団は引き続き、技術投資とビジネスの更なる拡大を通じて、お客様のライフスタイルを喜びで満たす簡単・安心で楽しいEコマース体験を提供します。


※「界小売」とは、東が提唱する、オンラインオフライン(実店舗)、物流機まで融合させたビジネスの総称です。消費者にいつでも・どこでも、オンオフライン界線すらも越え快適に消費できる環境提供する世界です。東はこの「界小売」を、小売業のあるべき姿と考え、そこに近づくためのサービス提供しています。CEOはこの「界小売」ついて、「シーン限、貨物にく、人と企業の間にもはない」と話しています。

IR情報の詳細は「JD.com Inc 1Q2018 Financial and Operational Highlights」をご覧ください。http://ir.jd.com/phoenix.zhtml?c=253315&p=irol-irhome 】

東は第三者企業への物流の投資・開放をし、大量の研究・開発資も投入した。それによる純利益率は市場予測より低かったものの、マネージメント層では第2四半期の純利益が安定した成長をみせ、純利益率も大きな変化がないと予測。東に対し高い投資ランクであることに変わりない。

東の618活動(6月1日~18日のキャンペーン活動)のなかで、市場に上場する中国オンライン小売りの品会(ビップショップホールディングス)のサポートや、騰テンセントTencentミニプログラムサポートによる販促活動を展開していくことで、東は第2四半期も安定して29~33の純利益の増加が見込める。
マネージメント層では、第三者物流コスト構造を本年度も継続して優れた方向へ発展させることができた。これにより2018年下半期の利潤率も上半期よりも伸びると予測され、最適化の効果も顕在化してくるものと思われる。

東の発表した第1四半期の業績において、市場予測どおりの純利益で、第2四半期の純利益も同様に市場予測どおりになると見込まれる。東、品会の協が少しずつその進展をみせるなかで、集客面でも多くの進展を得られている。広告業務には期段階から注し、その潜在も非常に大きい。々も2018~19年の成長率予測を12%まで上方修正している。

東の自営業務の収入は、健全な成長傾向を維持しつつ、物流と広告サービスの収入は予測よりも高い。東京物流への資投入は第1四半期の利潤率に影を与えたが、物流の使用効率の向上に伴い、下半期は持続的な善が得られると見込まれる。

■第三者物流や技術サービス際拡業務などの領域において東は継続した投資を進めており、予想としては短期的に利潤が下がるかもしれないが、東は引き続きこれら領域に投資を行っていくだろう。

【会社概要
・会社名 : JD.com日本株式会社
所在地 : 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1
大手町パークビルディング7階 703
・TEL : 03-6259-1951
・資本 : 3,000万円
・代表者 : 日本業務最高責任荒井伸二
・業務内容 : 越ECの進出支援日中間の一般貿易及び技術提携

配信元企業JD.com日本株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ