米Twitterは5月16日 (現地時間)、「Account Activity API」をdeveloper portalを通じて全ての開発者に公開した。それに伴ってUser Streams APIとSite Streams APIの提供を終了させるが、廃止日を予定していた2018年6月19日 (米国時間)から同年8月16日に延期した。同社は慎重にAccount Activity APIへの移行を進めている。一方でTwitterクライアントを提供するサードパーティの開発者の中には強い反発もあり、Talon、Tweetbot、Tweetings、Twitterrificの開発者が「Apps of a Feather...Stick Together」という共同で開設したWebサイトを通じて、Twitterに再考を求める活動への協力を他の開発者に呼びかけている。

Twitterは2017年4月に開発環境の改善と継続的なビジネス成長を目的としたAPIプラットフォームの改革計画を公表、「Account Activity API」のベータ版とDirect Message APIのエンドポイントの提供を開始した。

Account Activity APIは、Webhookを通じて次のようなユーザーアカウントに関するアクテビティをサブスクライブできるようにする。

ツイート、@メンション、返信、リツイート、引用ツイート、引用ツイートをリツイート、いいね、ダイレクトメッセージ送信、ダイレクトメッセージ受信、フォロー、ブロック、ミュート、タイピングインジケーター、メッセージ開封確認機能

Account Activity APIには「プレミアム」(250アカウント以下)と「エンタープライズ」(251アカウント以上)が用意されている。プレミアムの料金は以下の通り。

最大15アカウント:無料 (サンドボックス)
最大25アカウント:339ドル/月
最大50アカウント:629ドル/月
最大100アカウント:1,199ドル/月
最大250アカウント:2,899ドル/月

TwitterのAndy Piper氏は新たなAPIプラットフォーム戦略について「データ機能やデータアクセスにフォーカスする」と説明している。それによってクライアントアプリ製品向けの機能が損なわれる可能性がある。たとえば、User Streams APIが廃止されれば、サードパーティのクライアントアプリでタイムラインのリアルタイム更新が難しくなる。また、各ビジネスのニーズに応じてカスタマイズされるエンタープライズ・アクセスの料金がどのぐらいになるのか、現時点では不明であるため、サードパーティー開発者がAccount Activity API下での事業計画を思い描けていない。Apps of a Featherによると、プレミアム・アクセスの最大250アカウント (2,899ドル/月)に基づいて算出した場合、「サードパーティがアプリを損失なく提供するには月額16ドル以上の料金にする必要がある」。
(Yoichi Yamashita)

画像提供:マイナビニュース