日本一のカレー情報発信機関である株式会社カレー総合研究所(代表:井上岳久/東京都渋谷区)は、『カレー記念日(6月2日)』を祝して、カレー業界をさらに活性化するため、「201カレーレンド発表&解説セミナー」を6月1日)によみうりカルチャー恵寿(JR 恵比寿駅上)にて開催します。同時開催でカレーの本場インドで権威ある料理学校IICAの校長による「インドの最新カレー事情」の調講演を実施します。滅多に聞くことのできないインドのディープな情報を得ることができます。
毎年、カレーレンドを発表し、高的中率を誇る弊社が、全の調員から集めた膨大なデ ータからはじき出した「2018 カレーレンド」をわかりやすく説明します。
背景、トレンド変遷、市場ニーズなど、多岐にわたる側面から鋭くロジカルに把握できるので、
商品開発、メニュー開発、イベント企画などのカレービジネス活用できます。
今年のカレーレンドを正確に把握して、カレービジネス成功、そして商売繁盛の一助にしてください!


【 セミナー概要 】

セミナー名: 201カレーレンド発表&解説セミナー(同時開催)「インドの最新カレー事情」

催: (株)カレー総合研究所 / カレー

開催場所: よみうりカルチャー恵寿(JR恵比寿駅 徒歩0分)

日時: 6月1日)10:30~12:30

料   : 3,240

タイムスケジュール
10:30~11:30  2018カレーレンド発表&解説/井上岳久カレー総合研究所所長

11:30~12:00  インドの最新カレー事情/アルジュン・S・ダッタIICA校長

12:00~12:30 質疑応答・交流会など

【 参加方法 】   次へ直接、お申し込みください。
よみうりカルチャー恵寿
https://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201804-18080215.htm


弊社下のカレーと業務提携した、インド最高峰の料理学校IICAの校長アルジュン・S・ダッタ氏が来日し、講演。インドにおける「最新カレー事情」を知ることができます。




(株)カレー総合研究所 所長
カレー 学長
井上岳久(いのうえかひさ)


1968年生まれ、カレー業界を牽引する業界の第一人者。カレー学長

カレーミュージアム・プロデューサーを経て現職に至る。横カレーミュージアムを立ち上げ、2002年11月プロデューサーに就任し、入館者数減少に悩む同館を復活に導く。

カレー研究の第1人者で、カレーの文化や歴史、栄養学、地域的特色、レトルトカレーなどカレー全般に精通している。全カレー店に幅広い人脈を構築しネットワーク化している。カレーミュージアムでは新店の実に8割の店舗を誘致し、石裕や平野寿将などの有名料理人の店舗もコーディネートした。さらにレトルトカレーは全から約1000種類以上を収集し知り尽くしている。スープカレーフレンカレーカレー湘南カレーバターチキングリーンカレースリランカカレーなどのブームを巻き起こしたことでも有名である。

商品開発も定評がある1000以上ものレシピを開発し、加工食品は大手メーカーを中心に100品以上を企画販売し、いずれもヒット商品になっている。

代表作としては、「デリープミアムレシピ」(ハウス食品、レトルトカレー)、「横フレンカレー」「カレー」(江崎グリコレトルトカレー)、「ザ・カレーパン」(ローソンオリジナル)」、「極みキーマカレーパン」(サークルKサンクス)」(山崎製パン、調理パン)、「究極のカレー」(小学館、冷凍カレー)などである。

2006年独立カレー総合研究所を立ち上げ、現在に至る。

著書に、『カレーの経営学』(東洋経済新報社)、『おとう飯カレー』(徳間書店)、『スパイスカレー』(技術評論社)、『一億人の大好物 カレーの作り方』、『民食カレーで学ぶもっともわかりやすいマーケティング入門』『カレー雑学』、『男にげるこだわりのカレーレシピ』(日東書院本社)、『無料で一億人に知らせる門外不出のPR戦術』(明日香出版)、『日本ご当地レトルトカレーカタログ』(ダイヤレス)、『カレーパンバイブル』(芸文社)などがある。連載などの執筆も多数。

慶應義塾大学法政大学卒。中小企業診断士中小企業庁・地域観光活性化アドバイザー、各商工会議所及び商工会の経営導員、経済産業省関東経済産業局ネットワークアドバイザー(2011年2012年)、農林水産省認定地産地消仕事人。事業創造大学院大学客員教授加須市観光大使加須市観光ビジョン策定委員、「子供の食育」推進フォーラム実行委員、日本広報学会会員、関東ニュービジネス協議会正会員。昭和女子大学・現代ビジネス研究所 研究員。カレー 長。

配信元企業株式会社カレー総合研究所

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ