レスターは16日、アディダスとサプライヤー契約を締結したことを発表した。

 レスターはこれまで5シーズンに渡ってプーマとサプライヤー契約を結んでいたが、来シーズンからはアディダスのユニフォームを着用することとなった。なお、契約2018年7月1日からだが、期間は発表されていない。

 アディダスとの契約に際して、レスタースーザン・ウィーランCEOは、同クラブ公式HPで次のようにコメントを発表した。

世界で最も評判の高いブランドの一つであるアディダスとのパートナーシップ契約は、レスターというクラブをさらに大きくしてくれる絶好の機会となる。クラブの発展だけが楽しみなわけではなく、アディダスの高性な商品を使用できる選手たちにとっても、そして、世界中でユニフォームを着て々を応援してくれているサポーターにとっても素晴らしいことだ」

「新しいサプライヤーと共にを始める準備が出来た一方で、これまで5シーズンに渡って一緒に歴史を築いてきたプーマには感謝の気持ちを伝えたい。レスターというクラブ歴史の中で一番ユニフォームを売却することができた。彼らの今後がうまくいくことを祈っている」

 また、アディダスのディレクターを務めるアシュリー・スワイン氏も「世界中のトップクラスパートナー契約レスターを加えることができてとても嬉しく思っている。ここ数シーズンで成し遂げた素晴らしい成功や成長を踏まえて、々はそのような野心的なクラブピッチの内外で一緒に仕事をしていくことをとても楽しみにしている」と契約締結を喜んでいる。

来季からサプライヤーがアディダスに変更となるレスター [写真]=Getty Images