エヴァートンは16日、サム・アラダイス監督の退任を発表した。

 昨年11月エヴァートン指揮官に就任したアラダイス監督は、当時13位に低迷していたチームを立て直し、最終的にリーグ戦8位にまでクラブを押し上げた。

 クラブ公式ホームページにおいて、デニス・バレット・バクセンデイルCEOは以下のようにコメントしている。

クラブを代表して、最後の7カ間でサムが残してくれた功績を讃えたい。彼は様々な困難にチャレンジして、私たちに安定をもたらしてくれた。彼の働きに感謝したい」

しかしながら、私たちは長いスパンでのプランを考えており、彼と袂を別つ決断をした。間もく新監督との交渉が始まると思う。繰り返しになるが、サムがこのクラブを率いてくれたことに敬意を評したい。これからの未来が明るいものであることを願っている」

エヴァートンを離れるアラダイス監督 [写真]=Action Plus via Getty Images